ちゅうカラぶろぐ


[3678]  [3675]  [3674]  [3672]  [3673]  [3671]  [3669]  [3670]  [3668]  [3667
先週の私のブログを見て気づいた方もいるでしょうが、
最後にいつも貼ってあるアスキーアートがいませんでした。

このブログはちゅうカラのホームページ内のようで、
実は他のブログサービスをお借りしてやっているのです。
そして少額ですがお金を払って使わせてもらっています。

そのお金を払わないと・・・画像が貼れなくなってしまい、
そしてブログの下部に広告が貼られてしまうのです。

うん、これはまずい!支払いに行かなければと思い、
すでに一週間経ってしまい、今も下には広告があります。

ちゃっちゃと払って、アスキーアートを復活させますね!
(契約更新、アスキーアートを前回含め追記しましたww)



さて、自分が情報を仕入れていなかった分からないが、
2024年から新紙幣が発行されるということで驚きました。

そしてもっと驚いたのがその肖像画になった人です。
1万円札に渋沢栄一、5千円札に津田梅子ときまして、
最後に千円札には北里柴三郎に決定したようです。

すっかりデザインのイメージも同時に発表されていて、
ほう!これが新札か!と今からちょっと興味津津です。

・・・なんてこともなく。

ええ、私を無知とバカにしてもらって全然結構ですが、
この肖像画になった3人、正直誰も知りませんでした。

いや、私が無知かもですが大半の人も知らないでしょ?
もっとも2千円札に至っては人物ですらなかったですが。

う~ん、今までの聖徳太子や福沢諭吉などが肖像画だと、、
神がかったような人だっただけに価値がありそうですが、
そもそもが知らない人だとちょっと残念な気がします。

デザインに至っても、私の知る限りでは旧札を含めて、
大まかなレイアウトはあまり変わらなかった気がしますが、
突然のように、ガラっと変わってしまって驚いています。

新紙幣発行の2024年までまだまだ先のようですが、
慣れ親しんだ紙幣が消えてしまうと思うと寂しいですね。

拍手[3回]

/