ちゅうカラぶろぐ


[2955]  [2954]  [2953]  [2952]  [2951]  [2950]  [2949]  [2948]  [2947]  [2946]  [2945
来週から10月2日レギュラー歌会の参加確認が始まります。

なんだかんだと12月開催の『スーパーアニカラ魂』まで、
残りの歌会はあと3回しかないんだなと思います。

準備は進んでいるかと言われるとちょいと不安ですが、
なんとか当日まで万全に仕上げていきたいと思います。

まだ前売り買っていない人、ぜひ参加をお願いしますね!



さて、以前にここで暇潰しに電子書籍を読んでいる話を書きました。
ネットでオススメのマンガを検索して読んだりしています。

そこで昔、『聲(こえ)の形』というのが挙げられており、
1巻が無料で配信されていたこともあり迷わずダウンロード。
その1巻が面白かったので、完結までを購入しました。

そんな『聲の形』、明日から劇場アニメが公開されるようです。
実はその劇場公開を知ったのは、遅ればせながら先週の話。

もともと映画館へほとんど足を運ばないこともあって、
それこそ劇場公開などといった情報には超弱い私です。

『聲の形』の原作を読みながらもアニメになることを知らず、
どうやら結構前からこの作品は注目されていたようですね。

と、そんな何かの縁があるような無いようなこの作品。
せっかくだから滅多に行かない映画でも見に行こうかと思います。

が、しかしながらちょっとネックなのは、絶対に泣きアニメ。
PVを見るからに、全力で泣かせにかかってきています。

私は結構しょうもない感動ストーリーで泣いてしまうので、
映画館で変に感極まったりした日にゃ大変なことです。



今までに映画館に足を運ばない理由は実はここにもあり、
作品を見ての感情の緩急をあまり人に見せたくないのです。

知り合いにそんな感極まったところは当然見られたくないし、
知り合いでなくとも、やっぱりどこか抵抗があります。

このような作品を映画館で見たことはなかったのですが、
この度、ちょっと挑戦してみたいと思います。

西宮さん、可愛いし!!


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/