ちゅうカラぶろぐ


[2957]  [2956]  [2955]  [2954]  [2953]  [2952]  [2951]  [2950]  [2949]  [2948]  [2947
ちゅうカラのみなさん、こんにちは!
ちゅうカラブログ水曜日担当レイウォールです。

先週、先々週はアイドルマスターシンデレラガールズの4thライブ 神戸公演の様子をお伝えいたしました。
今週は、その翌日、せっかくだからと観光してきた大阪の様子をお伝えいたします。

とりあえず高いところはすごい!何か所か回りましたが、通天閣とあべのハルカスについてお伝えいたします。

通天閣は訪れたことのある方も多いのではないでしょうか。大阪新世界、ちょっと不思議な街並みの中にそびえたっています。
もちろんここで有名なのはビリケン像です。

写真はすいません。ちっちゃいほうしかとってなかったです。一通り、通天閣の上からの景色を眺めてから、通天閣の歴史を紹介するVTRを視聴してきました。なお、景色を眺める中で、あべのハルカスを望むことができ、それほど遠くないと分かったため、歩いていくことにしました。
この辺で昼食の時間だったため、こなもんと串カツを新世界の飲み屋で堪能し、酒を飲みたくなりつつも我慢、我慢。

そして、天王寺公園を通り抜け、あべのハルカスにたどり着くわけですが、この威容。

圧倒されました。圧倒されつつも通天閣よりもはるかに高い建物から見た景色が気になり、さっそく上っていきます。
まずは16階、屋上庭園という外に出られるエリアがあり、ここの建物のオフィスで働いている人は、屋上庭園で昼食をとることができると考えると非常に優雅な感じがしました。しかし、本番はここからです。16階は地上約80m、高くはあるのですが、約90mの通天閣展望台よりも若干低いのです。あべのハルカスが高いビルとして有名なのはこのような高さではありません。高速エレベーターに乗り、地上288m(Wikipedia先生参照)に位置する60階に向かいました。

まず広がる景色がこれです。

正直に言ってしまうと腰が引けました。ですが、普段見ることができない景色、テンションは上がります。たとえ飛行機に乗ったとしても1000ftの高度ではまだまだ上昇中、地上をのんびり眺めていてもあっという間に離れて行ってしまうため、実感がわきません。回転翼機は、この程度の高さを飛ぶことも多いですが、そもそも乗る機会などなく、全く感覚がわかりません。しかし、高層建築物では安定した地面に立って、じっくりと周りを見通せるため、自分が高いところにいるという感覚を強く持てるのです。
一度訪れてみてはいかがでしょうか。写真などでは伝わらない迫力がそこにはありました。
なお、今回紹介させていただいたのはあべのハルカスの展望台、天井回廊です。ですが、屋上へリポート、地上300mに出ることも可能なようでした。しかし、ヘリポートには当然のように柵などはないはずですので、そんなところに出ていくのはあまりに恐ろしい。外には出ずに帰ってきました。高いところなんて平気だぜ!という方はヘリポートからのレポートをお待ちしております。

最後に帰りに食べた豚まんを一つ・・・。


さて、本日紹介させていただく曲はDRAMATIC STARSでSTARLIGHT CELEBRATE!です。
THE IDOLM@STER SideMにおいて、代表ユニットとしてjupiterと共に立つ彼ら。jupiterはTHE IDOLM@STER 2からの出演でこれまでのアイマスからのつながりを象徴するとしたら、DRAMATIC STARSの3人、天童輝(CV.仲村宗悟)、桜庭薫(CV:内田雄馬)、柏木翼(CV:八代拓)はSideMから参入した新たなアイマスの象徴です。輝はイメージカラーが赤、同じ赤をイメージカラーとして持つ天海春香と同じく「なかむら」さんが演じるのはなにやら感じ入るものがあります。
彼らの歌うSTARLIGHT CELEBRATE!は一度失った夢に向かって、もう一度突き進んでいき、夢をかなえる、未来をつかむという、これまでのアイマスが培ってきたテーマをまっすぐに歌っています。そもそもSideMはどのアイドルも前職を持っており、何かしらの理由があってアイドルになったという話です。一度夢破れた彼らだからこそ、もう一度夢に向かっていくという強さを持ちうるのでしょう。
おわり。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/