ちゅうカラぶろぐ


[2897]  [2896]  [2895]  [2894]  [2884]  [2893]  [2892]  [2891]  [2890]  [2889]  [2883
スマホ版ドラクエ1を終わり、現在はスマホ版ドラクエ2。
昔、オリジナルであるファミコン版はプレイしましたが、
いろいろな機種でリメイクされながら、今回は初めて。

仲間2人目サマルトリアの王子が攻撃呪文『ギラ』を覚え、
さっそく唱えると、なんと最近のドラクエ同様、グループ攻撃に。
オリジナルは敵1体への単体攻撃だったので嬉しい驚き。

その後、ちょっと進めると『まじゅつし』という敵が登場。
やはりオリジナル同様にギラを唱えてきましたがこれが問題。
やはり味方側全員にダメージという脅威が訪れたとさ。



さて、今話題の『PlayStationVR(以下PSVR)』に、
『アイドルマスター シンデレラガールズ』が対応するらしい。

まず、PSVRとはゲーム特化のバーチャルリアリティシステムで、
VRヘッドセットを付けると3D空間がプレイヤーの360度取り囲み、
ゲームの世界に入り込んだかのような体験をするもの。

PSVRはその品薄情報から全世界の予約合戦は過酷を極め、
私も先着はもちろん、抽選予約も全て全滅してしまい、
またもラブライブドーム公演の時のような苦渋飲まされました。

そんな品薄真っ只中のPSVRに、アイマスコンテンツが登場と、
すでに、デレマスガチャやライブチケット戦争中のアイマス勢が、
突如、PSVR争奪戦に巻き込まれて阿鼻叫喚している様は、
すっかり予約断念、諦めの境地の私に心地よくて仕方ありません。

ですが、アイマス勢までもがPSVRに群がってしまうことになると、
それこそ私の手元に届くのが一層難しくなるのはいただけないです。

で、PSVRですが、人気沸騰中ながら結構お値段も張るので、
ゲームのためにそれを買うのはという話をよく聞きます。

実際、PSVRを動かすためには、PS4本体も必要になり、
そこから揃えなければならない人は結構大変な出費になります。
PSVRが5万円にPS4が4万円と、ほぼ10万円くらいですからね。

そうやって『ゲームだけ』と思うと、やはり高額なイメージになりますが、
私は結構思い切って安い価格設定してきたなと思っています。
この『ゲームだけ』でない部分に目を向けると結構安価なのです。

私は昔、やはりソニーのヘッドマウントディスプレイを購入しました。
PSVR同様に頭にヘッドセット装着し、映画鑑賞などに使用します。
このヘッドマウントディスプレイとを使用しての映画鑑賞などは、
ヘッドホンなどとの音響も相まって相当な没入感を得られます。

この、ヘッドマウントディスプレイですが、実は結構高額です。
PSVRのVR(バーチャルリアリティ)部分の性能は当然無く、
その映画鑑賞などの映像を見るだけですが7~8万円していました。
それを思うと相当にPSVRは頑張った価格だと思います。

もちろん、このような使い方はPSVRにもできるにも関わらず、
この辺りの使用方法が語られないので残念なところです。
ゲームも映画もスゴイPSVR、ぜひとも手に入れたいところです。


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/