ちゅうカラぶろぐ


[1895]  [1894]  [1892]  [1891]  [1890]  [1889]  [1888]  [1893]  [1887]  [1886]  [1885
年末のスーパーアニカラ魂2013で行われる企画である、
『THE KING OB SINGERS DUET3』の出場チームですが、
風のウワサでは、現状6~7チームくらいが予定しているようで。

少しずつ、参加チームが増えているようで嬉しいことです。

ですが、まだまだ参加者は増えてほしいので、
まだ参加を決めていない人は、是非とも今後の歌会で、
相方を見つけて、チャレンジしてみてください。

長丁場のイベントに受け身ではもったいないですよ。
あなたのパフォーマンスを魅せつけてくださいませ。



さて、私の出勤時は家から自動車で直接会社に入ります。

会社で作業着に着替えるため、帰宅時に寄り道しない限り、
かなりラフな格好で出勤したいというのもあり、いつもTシャツ。
どうせ会社ではその上に作業着を羽織るだけ。

が、そのラフであるはずのTシャツに結構悩んだりします。

会社は隠れ(ているのかどうか知らないが)オタクは多いものの、
やはり尖ったオタクぶりは、微妙に風当たりが強く、
オタク的なTシャツをモロに着るのは少しはばかられます。

こんな趣味のせいで、自分が持っているTシャツと言えば、
アニメやゲームなどのキャラ物を始めとして、
ライブなどの物販で売られているTシャツ等、多いこと多いこと。

そして、会社に行く時はクローゼットに並んだTシャツを前に、

「これはコテコテのキャラ物だからダメ」
「これはキャラ物じゃないけど、ラフに着るには惜しい」
「これは、ちゅうカラTシャツで目立ちすぎるからダメ」

などと、毎度ブツブツいいながら選んでいます。

結局、パッと見でわかりにくい物を選ぶハメになり、
キャラ物でもワンポイントだけだったり、
ライブ物でも文字がゴチャゴチャしたものを選んだりします。

しかし、最近のキャラ物Tシャツなどは全面プリントで、
ホントに芸術のような雰囲気をかもしだしていますが、
おおっぴらに世間で着ることができないのは、寂しいですな。




拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/