ちゅうカラぶろぐ


[1544]  [1543]  [1542]  [1541]  [1540]  [1539]  [1538]  [1537]  [1536]  [1535]  [1534

前回のブログでも書きましたが、いつのまにか発売していた目つきの悪いミクさんの2巻。
マニアックなネタが、かなりお気に入りなので当分、好きなコマを貼りつけて行きます。
ええ、ブログの内容とは全く関係なくても、貼りつけてて行きますよ(`・ω・´)キリッ


何て言ってますが、ブログの内容も前回から引き続き読書の話。
今回は私の好きなジャンル、エッセイから紹介します。

西原理恵子「生きる悪知恵」

西原さんは漫画家でもあるので、名前を知っている方もいらっしゃると思います。
この方の漫画は色々とブラックなネタを使っていますが、とても人間味溢れていてどこか暖かさを感じて私は好きです。
ちなみに西原さんの漫画を初めて読んだタイトルは「ぼくんち」でした。
この「ぼくんち」の始まりが、長年失踪していた母親が女の人と一緒に家に帰ってきて「ほら、お前らの姉ちゃんだ」と、家に残されていた兄弟に一言。
そこでの兄のツッコミが、
「普通、失踪していたら妹か弟をこさえてくるものだよね?何で姉ちゃんなのさ!」
という、大変ナイスなものでした。
ナイスすぎるツッコミに軽く嫉妬を感じてしまいましたよ( ゚曲゚)ノギギギ…

そんな私の思い出話も終わった所で、エッセイの話に戻りましょう。
この本は読者(?)からの悩み相談を西原さんなりのアドバイスをしていくという内容です。
ここでちょっとだけ本の内容を紹介しちゃいます。

「やっとの思いで就職した会社が、いわゆるブラック会社でした」

よく聞く話ですよね。
この氷河期時代に就職できただけいいと思って、我慢して働き続けるべきでしょうか?という悩みに対して、西原さんのアドバイスはと言いますと、

「これはもう辞めちゃったほうがいいね。DV男との離婚と一緒、さっさと見切りをつけましょう」

潔い!実に潔いアドバイスです。
そうそう、この本はサブタイトルが「正しくないけど役に立つ60のヒント」となっております。
だから正しくないけど、そうしたほうがいいよね?という少々、エグみのある悩み相談です(・ω<)☆
でもこのエグみがまたいいんですよね。
人の悩みをバッサバサ切っていく内容は読んでいて、本当面白いです。
ちゃんと説得力があるので、思わず「おおっ!」と唸ってしまう所もあります。

後は読者さん以外に、有名な方達からの悩み相談もあります。
例えば、小説家の綾辻行人さんの相談は「この頃、創作意欲が低下しています、西原さんは昔と変わりませんが、モチベーションが維持できるのはどうしてですか」という内容で、それに対してのお答えが、

「借金があること」

エグイわー(笑)

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 By 小島@監督
作家・野坂昭如氏は名作「火垂るの墓」の執筆の際「締め切りが!締め切りがーッ!」しか頭に無かったそうなので、作家の思考ってそんなモノかもしれませんね(笑)
DATE : 2012/10/05(Fri)23:04:02 EDIT
節子それ違う By まいまい
>小島@監督さん
なんと!あの名作はそんなふうに書かれていたのですね。凄く意外で面白いです。
追いつめられると、パワーアップするスキルをお持ちの方だったのかな?
DATE : 2012/10/06(Sat)18:55:39 EDIT
ちゃいばらりえぞうさん By ツキノワ
は大昔からファンなので、彼女の本なら腐る程あります。
でも一部は実家かなあ。
いつでも貸しますよ。
DATE : 2012/10/07(Sun)00:51:56 EDIT
/