ちゅうカラぶろぐ


[3887]  [3886]  [3885]  [3884]  [3882]  [3883]  [3880
新型コロナウイルス感染に伴う、緊急事態宣言解除に、
愛知県も含まれてはいますが、今後の第2波を恐れて、
現状でもいくつかの業種では休業要請対象となっています。

そして5月22日現在、残念ながら『カラオケボックス』は、
業種としても名指しで休業要請対象に含まれています。

愛知県内でも営業再開をされているカラオケボックスが、
見られるという話を耳にしますが、私達が利用している、
JOYSOUND金山は、メーカー直営店の看板を背負うため、
金山を含む、県内直営店は休業状態となっていますね。

とにかく今は、しっかりとコロナ収束を確実になることを祈り、
少しでも早く歌会の開催ができることを願っています。



さて、ここ2ヶ月近い外出自粛で当然引き篭っていますが、
大活躍しているのが、やっぱりYouTubeだったりします。

そこで私が最近見ているのが、あるゲームセンターの配信。
東京に数店舗ある『ゲーセンミカド』がやっています。

ゲーセンミカドは、最近見られるゲーセンとは違って、
基本的にレトロゲームのみを扱っている珍しいお店ですが、
むしろゲーセンに通ったような方はこちらの方が楽しめます。

昔からゲームのジャンルに括りを設けて配信していましたが、
やはりゲーセンも休業要請をうけてのお休みでしたので、
その期間は休業配信として、毎日ライブ配信をしていました。

毎回1つのゲームをそのゲーセンに深い人がプレイをして、
その店長らが実況や解説をして楽しませてくれます。

プレイが基本的に1コインでクリアすることを目指しているので、
昔自分でクリアできなかったゲームは参考になりますし、
なにより楽しいのがその店長らの実況が面白いのです。

やっぱりゲーセンを営業したり、そこに集まる人達なので、
その喋りの内容がオタクになりがちで、細かい部分で、
自分の知識にヒットしたりして、ニタニタが止まりません。

プラモデルを作りながら、自分でゲームをしながらの片手間に、
このゲーセンミカドの動画をどれだけタレ流したわかりません。

実はこのゲーセンにメンバーと2店舗回ったことがありますが、
薄暗い昔ながらの雰囲気で、また行ってみたいと思います。





拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/