ちゅうカラぶろぐ


[2399]  [2398]  [2396]  [2397]  [2395]  [2394]  [2393]  [2392]  [2391]  [2389]  [2390
こんにちは!今回金曜日のブログを任されましたぷちさた~んです。
簡単に自己紹介をさせていただきますと、たま~に歌会の隅っこでうろうろしてる着ぐるみの中綿ですw

12月です、師走です。世間では年末に向けて忙しくなっていることでしょう。
クリスマスとか、大掃除とか、冬コミの新刊の入稿とか、冬コミ新作の衣装の制作とか…。
ええ、冬コミに向けて衣装つくります。

今回はジブリ作品より「バロン」をつくります。
かなり今更な感じですが特に意味はありません。『千と千尋』見てて思いついただけですw

バロンといえば2つの作品に出ています。『耳を澄ませば』と『猫の恩返し』
一応同一のキャラクターですが細部はいろいろ違っているようです。
燕尾服の色とか蝶ネクタイの色柄とか、顔だちもかなり違います。
さて、どちらのバロンにしたものやら…2者を見比べて、
よし、『猫の恩返し』のほうにしよう、だってこっちのがイケメンっぽいし(マテ)

キャラクターが決まったところでプランを立てます。
制作部分は大きく分けて頭と服。

そう、服!みんな信じてくれませんが裁縫下手なんです。
白のタキシードといえば…怪盗キッド!既製品であるからあれ買えばいいんじゃね?
画像検索……、タキシードと燕尾服って違うんですね。
そういえば、タキシード仮面もジャケットの後ろ燕尾になってないわ!?

ってな話をコス友にしたら「結婚式とかの古着が通販で売ってるよ」
あざーっす!



ソッコー解決(^_^;) 聞いてみるもんですね。
白の燕尾服9800円也、ベストは前の衣装から流用しました。

そうなればあとは頭ですね。ここからが本番です。

まずはスケッチをしながらプランを練ります。



見ての通りものっそいいい加減なスケッチですがそれなりにプランが盛り込まれています。
人が見ても決してわからないでしょう。描いてから三日たった自分ですらもうわかりません(あかんがな)
口をこうしようとか、目はもっとワルい感じでとか考えていた形跡はあるようですがすべては記憶の海の奥深くw
まぁ、あとは材料いじりながら考えるとしましょうか。



ベースとなる材料は世間でいうところのライオンボード。(現在はコーヨーソフトボード)
ライオンボードとほぼ同じものですがサンぺルカ2500
ライオンボードが厚さ2㎜、サンぺルカ2500が厚さ5㎜。部位によって使い分けます。
接着はスプレーのりを主体に使います。愛用はコニシボンドのZ3

ああ、なんか衣装制作レポートっぽくなってきたな!
次回はちゃんと制作部分に差し掛かれるよう頑張ります。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 By ハイル
今度はぷちさんでしたか!毎回、コス楽しませて頂いております(*´ω`*)完成楽しみですな!
DATE : 2014/12/13(Sat)12:50:39 EDIT
上手いなぁ By レイ
 ぷちさん、筆も達者とは?!

 手先の器用な人は絵も上手いってのはホントなんだなぁ……。
DATE : 2014/12/13(Sat)21:25:34 EDIT
/