ちゅうカラぶろぐ


[2318]  [2317]  [2316]  [2315]  [2314]  [2313]  [2312]  [2311]  [2310]  [2309]  [2308
この間の歌会では、このブログを読んで下さった方々からお褒めのお言葉をたくさん頂きましてとても嬉しかったです!!
(((o(*゚▽゚*)o)))


なんやかんやでここまで来たぜ!
それでは第4回、行きまっせ~

( ´ ▽ ` )ノヒャッハーッ


どもども~こんにちは。

自動ドアと相性が悪いワーディーです。

ついこの間も、病院の入口でドアが開かず危うく激突するところでしたよ(笑)

ホントあれ何なんですかね?
少し下がったり、横移動しても全く反応しないんですよ!!
ドアの前で思わず「ええっ~」って言っちゃいましたよ。

何かもう…ドアの向こう側で僕をみて笑っている子供いるし…こっちはめちゃくちゃ恥ずかしいのよ!!

そんで終いには、後ろからのそのそと歩いてきたおばあちゃんによってすんなり扉が開くっていうね。

「なんだろ、このやり場のないモヤモヤは。そっか、あいつ(自動ドア)にはもう、僕が見えないんだった……」

それはどのくらいの時間だったのだろう。
いや、正確には1秒にも満たない時間だったと思う。
そんなアホな事を考えつつも、そこにずっといる訳にはいかないと気付いた僕はおばあちゃんに続き扉をくぐったのであった…

~続く~


とまぁそんな事があったんですよ(>_<)

「手をかざしてください」や「ボタンを押してください」っていうタイプの自動ドアなら難なく行けるんですけどね。

あの自動ドアの上部にセンサーがあるタイプはアカンですよ!
二つの意味で!!(フヒヒ、サーセンwww)

でも、1番厄介なのは、自動ドアに挟まれる事ですね。

イトーヨーカドーとローソンの自動ドアに挟まれた僕の経験から言うと、その場からダッシュで逃げ出したくなるくらい恥ずいです。恥ずいです。そして、恥ずいです。
あと普通に痛いし、傍から見ても痛いです。

教訓:閉まりかけの自動ドアに迂闊に飛び込んではならない。

確かに急いで焦っていてもいいことないですもんね。1回落ち着きましょう。

クールになれ、ワーディー。
今はまだ(自動ドアに飛び込む)時ではない。他の人が開けてくれたタイミングで一緒に入るんだ。大丈夫、お前には出来るさ。

そう心に強く言い聞かせながら、今日も開かずの自動ドアの前で立ち尽くすのであった……  (糸冬)

さてさて、今日はここまで!

ついに次週、驚愕の最終回!!


次回 最終話
「この中にトイレのウォシュレットを強にしたまま元に戻さなかった人がいます。先生は非常に驚きました。やった人は絶対に怒らないから正直に名乗って( ゚д゚)クレ。」

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/