ちゅうカラぶろぐ


[1885]  [1884]  [1883]  [1882]  [1881]  [1880]  [1879]  [1878]  [1877]  [1875]  [1876
前回は舞台挨拶のリングイベント発生に興奮して、駆け足で書いてしまいましたので、今回は舞台挨拶を最初から振り返ります。
というわけで、これより私のメモリアルブログにお付き合いくださいませm(_ _)m

キョウリュウジャー&ウィザードさんの映画が終わった後は、やってきました舞台挨拶!
司会のお姉さんが諸注意をしたところで、「それでは登場してもらいましょう!どうぞ!!」と言った後に役者さん達が出てきました。
シアターの入り口から!

完全に舞台の袖から出てくると思っていたので、これはかなりのサプライズでした。
舞台袖と違い、シアターの入り口は観客席に沿って斜めの壁があるため、役者さん達の姿は1人づつ見える状態でした。
しかも、シアター入り口だから観客席に近いのですよ。
役者さん達は近いし、かっこいいし可愛いしで、興奮しすぎて涙を流してしまいました。

もうテンションが普通ではありませんでしたね。
舞台挨拶は前のめりになって見ていました。
背中を椅子になんて、つけられない!リラックスできないよ!
そんな感じでした。

役者さん達が「こんばんは」と挨拶をすると私も思いっきり「こんばんは!」と言いました。
あまり周りの人が挨拶を返さないのが意外でした。
こういうのはせっかくなので、恥ずかしがらずに波に流されたほうがいいと思うのになと、舞台挨拶が終わった後、友達に言うと「大丈夫、あなたは波に流されるどころか、波を起こしていたから」なんて言われました。
すみません、溢れる衝動を押さえることができませんでした。

そして、役者さん達のそれぞれの挨拶が終わり、変身シーンの再現をすることに。
ここで前回のブログで書いた、リング貸し出しイベントが起こり、私のテンションはMAXを振り切りました。
よくよく考えると自分の席から、役者さん達の顔がよく見えるくらいなんだから、役者さん達からも私のだらしない笑顔が見えるということですよね。
お見苦しい笑顔で申し訳ございません。orz

何か、また無駄に長くなってしまいましたので次回に続きます。
皆さん、もう少し私のメモリアルにお付き合いくださいませ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
座席をとるときから、戦は始まっているのだよ By Y.G
通常、舞台挨拶は専用入口から入ってくるから、
専用入口前の席をとるのが、プロ(?)のようです。

今回はプロ達が泣いたみたい。

私は俳優さん達が入って来るときに、あまりの近さに「近い近い近い近い」と訳のわからん叫びをあげてしまいましたわ。
DATE : 2013/08/18(Sun)15:20:25 EDIT
/