ちゅうカラぶろぐ


[3829]  [3826]  [3825]  [3824]  [3821]  [3823]  [3822]  [3820]  [3819]  [3817]  [3818
今更ながらですが、自分への誕生日(1月)プレゼントという事で、PS4に外付けSSDを購入してパワーアップさせました(*゚▽゚)ノ
SSDとはなんぞや?という方が多そうですが、読み書きが早くなったHDDとイメージして頂ければわかりやすいかな?とおもいます。
よくある例がモンスターハンターワールドの読み込みですが、SSDにする事により、読み込み時間が半分以下になるそうです。
最近はモンハンはやってないし、手持ちのソフトも入れ換えてみましたが、私としてはあまり実感ができませんでした(・_・;
読み込み時間とかそんなに気にしてないからかなぁ

最近のソフトは、ネットへのアクセスもあるから、その辺考えると、正確な時間は計測しにくいかもしれませんね。てか、PCE CD-ROM²やネオジオCDの読み込み時間を経験してるとだいたい早く感じるね(笑)


今回のオススメアニメは『Re:ゼロから始める異世界生活』です。
放送したのは2016年ですが、現在、編集+新カットを追加した『新編集版』が放送中です。
毎週2話ずつ放送して、4月にはじまる2期に向けた予習みたいな感じとなっていますね。
さらに劇場版1作目の『Memory Snow』も時系列に合わせたタイミングで放送するみたいですよ。
まだ見てない方は、お見逃し無く。

内容ですが、いわゆる"異世界"と"タイムリープ"ものなわけですが、主人公は【死に戻り】という特殊能力があるだけで、よくある"オレTUEEE"ではありません(筋トレはしていたようで、基礎体力はけっこうあるみたいですが)

物語の中心となる能力【死に戻り】ですが、その名のとおり、死んでしまうと特定の時間に戻ってきます。自身の記憶は残りますが、周りは一切リセット状態。かつ能力に伴う呪いの影響で、周りに【死に戻り】に関する事をしゃべろうとすると、心臓を握り潰される痛みが発生して、伝える事ができないって状況です。
まさに孤軍奮闘となってしまうわけで、状況を打開しようと、アレコレしようとしますが、うまくいかず絶望に陥る事もしばしば。

なんとか持ち前の負けん気と、ただひたむきな想いを糧に物語は進んでいきますが、1期の終わりでヒロインに告白して終わったので、2期はどうなるか気になるぞ(原作は読んでいない)

主人公は、現代のときはNEETで、ちょっとイタイ感じのキャラですが、個人的にはNEETとは思えないコミュ能力や等身大な人間らしさがけっこう好きだったりします。
というか準ヒロインのレム(青髪の子)が、ま~、主人公に一途すぎて好感度が回を進む事に爆上がりですよ。18話の「ゼロから」はホントいいですよ。

登場するキャラがみんな個性的すぎて、人によっては途中胸焼けを起こすかもしれませんね。
でもたくさんのキャラが登場する割に、スっと覚えやすいのは、成功なのかもしれない。

現在放送中とタイムリーな作品ではあるので、気になったらぜひご覧くださいませ。
2016年に放送した版も、いろんなとこで配信していますが、そちらで一気に見てしまっても、まったく問題ありません。来週は火曜日が祝日なので、でかける気にならんって方もぜひ1日かがりで見てもよいかと。
新編集版は今週放送で、半分くらいにきたとこですね。


来週末の歌会は、バレンタインのチョコ交換会です。500円"以上"のチョコをご持参のご参加お願いしますね~

拍手[3回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/