ちゅうカラぶろぐ


[3755]  [3754]  [3753]  [3751]  [3752]  [3750]  [3749]  [3748]  [3747]  [3746
今日、朝食を食べながら『ゲゲゲの鬼太郎』を見ると、
妖怪のクセに土建屋の争いみたいなことをしていた。

妖怪たちが政治的な根回しなどをしているのだが、
なぜに妖怪が人間の利権みたいなのを操作するのか、
全然意味がわからないのだが、ボーっと見ていた。

どうやらその黒幕が『ぬらりひょん』のようだが、
そのぬらりひょん、高級車っぽい後部座席に座って、
策士っぽい独り言をして、不敵な笑いを浮かべている。

その独り言を言い終わるや、悪い顔をしながら、
ガラケーをパタっといい音を鳴らしながら閉じるのです。

・・・学校も試験もないし墓場で運動会とかしろよ。



さて、約1ヶ月くらい前から、歯に違和感が出始めました。

熱いものや冷たいもので微妙に染みたり染みなかったり。
また硬いものを噛むと、痛かったり痛くなかったりと微妙。

真ん中を削って詰め物をしている奥歯なのですが、
外から見ると、詰め物もキレイに入って外観は普通です。

最初は知覚過敏かな?と思ったりしていたのですが、
だんだん染みたり痛かったりが大きくなってきました。

たまたま、もう1週間後に定期検診をひかえていたので、
とりあえず、そこまで粘ってみようとまずは様子見で。

しかし食べることでさえ、その歯を避けるくらいになっており、
来週まで待つのもじれったくなってきてしまったのです。

結局、歯医者に予約を入れて見てもらったのですが、
詰めたところの下が、やっぱり虫歯になってしまっており、
麻酔を打って、ガリガリ削り始めることになったのです。

が、麻酔を打っているにも関わらず、これがまた痛い。
神経に触れると、手に汗握るほどには痛いのです。

痛かったら教えて下さいと言われたりするものですが、
どれほどの痛みになったら、伝えたらいいものなのか?
なんて歯を削られながら、痛みから気をそらしたりします。

なんとなく自分から痛いですと伝えるのもはばかられ、
両足のつま先を重ねてみたり、手を握ってみたりしますが、
特に気がつくことなく、ガリガリとやられていきます。

実は気がついてるけど、「言わないから」無視してるかと、
そんな底意地の悪いことはないとは思いますが、
我慢したり、セルフで気をそらしたりしていると終了。

しばらく歯医者に通うことになってしまったとさ。

しかし、健康って本当に大切だと思いませんか。
足の骨を折ったことで、もちろんそう思ったりもしましたが、
歯がちょっと染みるだけでも、食がつまらなくなります。

ほとんどの人が、食べることって楽しいと思います。
それなのに、歯に違和感があると途端に食欲が失せます。
たったこれだけで、生ビールの一杯も美味しくないです。

先日、鼻の病気を抱えていたメンバーが歌が唄えず、
2年ほどサークルをお休みしており、ついに復帰しました。

病気が快方に向かって、唄うことができるようになった時は、
きっと、相当嬉しかったのではないでしょうか?

拍手[1回]

/