ちゅうカラぶろぐ


[3724]  [3723]  [3722]  [3721]  [3719]  [3720]  [3718]  [3717]  [3716]  [3715]  [3714
すっかりJ-POPシンガーというよりはアニソンシンガーの、
西川貴教ですが、最近特に気になる彼出演のCM。

もちろん『消臭力』のCMですが、その歌が素敵です。
今までのCMも彼の歌唱でしたが、今回のはかなり良いです。



最近の西川貴教名義の曲も良いですが、今回の歌は、
ユーモアが効いた昔のT.M.Revolution時代のような感じで、
ちょっとどころかかなり気になる歌だったりするのです。

昔はこういう歌もCDとかになったりしていたのですが、
もうCMソングとかは音源配信もないのですかね?
是非ともフルサイズで歌を購入いたしますよ!



さて、病院でのリハビリ中は先生と雑談することも多い。

やっぱり最近のニュースの話題になることが多く、
京都アニメーションの放火殺人の話題となりました。

この件については私はあまりに凄惨な事件過ぎるので、
何を言っても薄っぺらい言葉になってしまう気がして、
何とも表現しきれずに、あまりコメントしていません。

それでも、犯人のやったことはあまりに残虐過ぎて、
とにかく厳刑が周りの思いではないでしょうか?

現在は基本的に2人殺害したらほぼ『死刑』ですが、
今回は被害者の人数からしても死刑では物足りず、
それ以上の厳刑が無いのがもどかしく感じるものです。

リハビリの先生も同じようなことを思っていたようで、
特にいつも病人と向かい合う職業柄もあってか、
なおさら犯人への怒りは相当なもののようでした。

そんな先生がこの事件の雑談でこう言いました。

「昔、北斗の拳のケンシロウが言っていたセリフに、
『きさまには死すらなまぬるい』ってありましたよね。
この事件の犯人にはホントにピッタリな言葉ですよね」
(実際は『きさまには地獄すらなまぬるい』)

そう、死刑ですらこの犯人には厳刑ではないのです。

雑談の中だけに、漫画に例えて不謹慎でもありますが、
何ににしても先生の怒りの思いが伝わりました。

その後、先生がリハビリ中の私の膝を触りながら、

「例え生きていた方でも後遺症との戦いなどは、
死んでしまうことよりも大変かもしれないですからね」
と、遠い目をして話していたのが印象的でしたね。

怪我で苦しんでいる人と接しているからこそ、
命あった残った人達も大変だと強く感じるのでしょう。

割と実のない雑談が多い中、本当に怒っているあたり、
その先生の優しさが見えた、リハビリのいい時間でした。

拍手[5回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/