ちゅうカラぶろぐ


[3688]  [3687]  [3686]  [3685]  [3684]  [3683]  [3682]  [3680]  [3681]  [3679]  [3676
歌会でハイルさんがいつもビデオゲームを持参しますが、
最近は車のハンドル型コントローラーを目にします。

なかなかに大きいのによく持ってくるなと思いますが、
実際にこれで『グランツーリスモ』をプレイしてみたら、
クッソ面白くて、素直に感動してしまいました。

通常のコントローラーでプレイするのとは雲泥の差で、
同じゲームとは思えないくらいのプレイ感覚ですよ。

昔からハンドルコントローラーというのはありましたが、
今ではその操作感覚も実写に近くて驚きの連続です。

うん、ちょっと家に揃えてみたいと思い始めましたが、
これはこれで相当に出費になるのですよね。



さて、5月に入ってすっかり暖かくなりましたが・・

どいつもこいつも令和令和ってうるせぇわっっっ(笑)

すっかり日常の一部である元号が変わるということで、
どこかお祭り気分のある平成から令和への元号の移行。

かしこまった書類は西暦ではなく元号で書く場合が多く、
その時には「今って平成何年?」なんて感じでしたよね。

すぐにわからない程に割と馴染んでいなかったのに、
元号が変わる時にはお祭り騒ぎで違和感しかありません。

そんな私も平成真っ只中では何年か分からないことも数々、
しかしながら実際に平成が終わるとなるとちょっと寂しい。
まして、昭和から平成への瞬間も体感してますしね。

今回の元号変更で実はどうも不思議な感じがしていて、
平成になる時は昭和天皇が崩御された直後ということで、
どうしても悲しい雰囲気がどこからも伝わってきました。
(崩御・・天皇・皇后らが亡くなることの尊敬語です)

テレビなどもすべての曲が昭和天皇の特集をしていて、
どのチャンネルも娯楽要素が無くなってしまったので、
レンタルビデオショップが大盛況だったりしました。

今回の元号の変更はもともと分かっていたということで、
悲しい要素は無く、むしろ新年を迎えるような雰囲気。

4月はそこかしこで「平成最後の~」なんて煽りばかりで、
5月になれば「令和最初の~」ってもうええわって感じです。

昭和生まれの私。
昔は昭和生まれからしたら大正や明治生まれの人は、
長生きしてるななんて思ったりしていた気がしますが、
令和に生まれてくる人からは、同じように思うのでしょう。

きっと第二次世界大戦経験者なんて思われるのでしょうね。

拍手[14回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/