ちゅうカラぶろぐ


[3314]  [3313]  [3312]  [3311]  [3310]  [3309]  [3308]  [3307]  [3305]  [3306]  [3304
​なんと『長島スパーランド』の看板絶叫マシンでもある、
『ホワイトサイクロン』が1月に営業終了となるようです。

以前、老朽化かに伴い近日取り壊される話がありましたが、
それから特に普通に営業していたのでガセかと思いました。
木製コースターですから老朽化も仕方ないですよね。

最後にもう一度乗りに行きたいとは思うのですが、
きっと平日でも混むのではないかな?と思います。



さて、先週日曜はまたも新日本プロレスを観戦に行きました。

小学校低学年に見た初代タイガーマスクの時代から見ていて、
今も続いているエンターテイメントに感心します。

プロレスを観戦した時に楽しみなのはレスラーの入場。
レスラーは試合するリングに自らの入場曲とともに、
オリジナルのパフォーマンスで入場してきます。

今回気になったのは、その入場時のスクリーンの映像。
ここにも入場時にはレスラーのオリジナル映像が流れますが、
ここで、棚橋弘至というレスラーの映像に驚きます。

棚橋弘至とはプロレスがPRIDEやK1などに人気を取られ、
プロレス人気低迷時にそれを取り戻そうと必死の営業で、
今また人気を取り戻す事に貢献した苦労人です。
昔、彼女に刺されて死にかけた事でも有名?だったり。

その棚橋弘至が格闘ゲーム『鉄拳』のキャラになって、
彼の投げ技や打撃が目まぐるしく流れているのです。

どうやら今回の新日本プロレスの興行は鉄拳とコラボらしく、
それで今回の映像がプロモーションされているようでした。



もともとプロレスラーとしては華やかな棚橋弘至ですが、
その映像の中ではもっとキラキラとしてカッコ良く
むしろ、このキャラが鉄拳のキャラとしているのなら、
ちょっと鉄拳をやってみたいとまで思いました。
(調べてみればやっぱりプレイキャラにはいませんでした)

しかしながら、相変わらず入場ってのは華があります。
スーパーアニカラ魂のKING OF SINGERSなどで、
歌う前にこんな感じに入場とかできたら楽しいですよね。
(ちょっと自意識過剰ですけどね。)

拍手[2回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/