ちゅうカラぶろぐ


[3040]  [3039]  [3038]  [3037]  [3036]  [3035]  [3034]  [3033]  [3032]  [3031]  [3030
​明けましておめでとうごばいます!
久しぶりにブログに帰ってきました、総帥 かときちくんです!

『スーパーアニカラ魂』の準備がどうにもヤバそうで、
しばらくブログのお休みにショーグンさんにバトンタッチ。

そして、イベントが終わって復帰しようとは思ったものの、
ショーグンさんがブログを楽しそうに書いているのを見て、
またその場所に戻りにくくなっていました。

というわけで、ショーグンさんは金曜日担当として残り、
私は日曜日を担当ということで、よろしくお願いします!



さて、遅まきながらとなってしまいましたが、
『スーパーアニカラ魂2016』『忘年会』に参加のみなさん、
お疲れ様でした!そして、ありがとうございました!

私の予想を遥かに超えていた大変の盛り上がりと、
また次回を期待する声をいただき大変嬉しく思います。

これらイベントを開催してスタッフ、メンバーの全員から、
チープな言葉ですが、いろいろなものをいただきました!
形のあるものから形の無いものも、どれも嬉しいものです。

そんな楽しかったイベントに浮かれるのはまずはここまで、
また、ちゅうカラのメイン活動である歌会を頑張ります。

そんな歌会ですが、昨年を振り返ってただ感じた事は、
ちゅうカラを作っているのはやはりメンバーだと思いました。

いろいろなイベントが盛り上がるのも楽しめるのも、
サークルへの在籍期間や幅広い年齢層、趣味、性別など、
いろいろな要素が絡み合って、イベントが彩られます。

主催者などはサークルというくくりや会場を設けはするものの、
その現場の空気を作るほどの能力はほとんどありません。
それを昨年末のイベントスーパーアニカラ魂2016で顕著に感じました。

このイベントは今までに約10回開催してきましたが、
各々の開催に対して主催側が企画などを準備しながら、
「今回はこれくらい盛り上がるかな?」などと期待します。

今までは想定前後の盛り上がりを見せていましたが、
それが前回のイベントは想定を遥かに上回る盛り上がりでした。
これはその時参加していたメンバーの力によるものです。

あらためて、昨年はサークルの活動を始めてから、
最高に良い年になったと思っています。

その時のメンバーをそのままに迎えた今年は、
昨年よりも一層もっと良いものになることを願っています!

今年も『中部からの歌声』をよろしくお願いします!


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/