ちゅうカラぶろぐ


[2864]  [2863]  [2862]  [2861]  [2859]  [2860]  [2858]  [2857]  [2856]  [2855]  [2854
どこで浮気をおしだぇ 、Y.Gでありんすぇ。 よろしく お願い致しんす。

上のような、花魁なペルソナなキャラが使う言葉を「廓詞」と言います。
各地から集められた遊女の方言を打ち消す為とか、何とかかんとか。

方言は自分の領土外から来たスパイっていう余所者を
ピックアップする為に作られたとか、何とかかんとか。

まぁ遊女の郭言葉は、サービス品質を均一にする事で顧客満足が下がらない為ですね。

美味しいハンバーガーを作ると、「この前は美味しかったのに」と言われない為に、
個人スキルでなく、マニュアル通りにつくる、マクドとかみたいなもんです。

そんな廓詞ですが、解説本が少ない。

あっても、以下のような図書館の書庫にある古本ばかり。
「遊里語の研究(東京堂) 著/真下三郎 昭和41年」
「廓言葉の研究(明治書院) 著/湯沢幸吉郎 昭和39年」

遊郭なんて今は殆どない状態ですから、使う人など、おりゃしません。
今やファンタジー等の花魁が利用者な位なもんですわ。
廓詞を知らない人が作った新しい廓詞です。

「文豪ストレイドッグス (カドカワコミックス・エース) 著/春河35, 朝霧 カフカ」の尾崎紅葉みたいな感じ。

まぁ言葉は変化していく生きモノと考えると、これはこれで正しい姿かもしれません。
他作品のセリフを模倣しながら、その時々の口語を、むりくり変換して変わっていく廓詞。

サービス均一の為の廓詞が、有象無象のキャラに埋もれない為の廓詞に変わる。

面白い感じでありんすなぁ。

-------------------

ホームページの話。

今回は、サークルの自己紹介文の廃止と、ホームページ名の変更について。

多くのイベントやサークルのホームページでは、トップページに団体の自己紹介文が載っています。

自分たちは何年間やってて、参加者は何人いて、楽しいサークルで、頻度はどれくらい、
みたいな感じのです。

サークルの自己紹介をトップに掲載するのは、前提条件の考慮が抜け落ちてる話なのです。

「Googleで検索した結果、検出されて、表示されている短文を読んでクリックして来てくれた人が読む」というのが前提条件。

サークル等を探している人が
「何年間やってて、参加者は何人いて、頻度はどれくらい」と検索窓に入力して、
数字等が合致した場合は、検索結果に表示されますが、根本、そんな検索する人は皆無です。

検索結果に出なければ、サークル等を探している人がクリックする事もなく、
サークルに参加申し込みをする事もありません。

家庭環境、労働環境の変化で基本的には参加者が減る一方の社会人サークルにとって、
参加申し込みが無いというのは大問題。

そこでまずは、検索に如何にひっかかりやすくするかという事に目を向ける事になります。

新人の方に、どのような検索をしてサークルを見つけたかと聞くと、
「アニソン 名古屋 カラオケ」等の単語の組み合わせ検索が殆どです。

検索する時はどんな単語を使うのかをシュミレートとして、検索語を繋いだ文章を、
トップページ内の先頭に配置する。

いまとなってはSEO(サーチエンジン最適化)と言える考えで、
ホームページを改修する事になりました。

同じ理屈で、「アニカラサークル」から「アニソンカラオケサークル」へとホームページ名を変えました。
「アニカラ」で検索する人と「アニソンカラオケ」で検索する人の母数の差です。

まぁ徹底した結果、有象無象に埋もれないようになって、
「アニソン カラオケ サークル」と検索して上位に表示されるようになりましたとさ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/