ちゅうカラぶろぐ


[2450]  [2449]  [2448]  [2447]  [2446]  [2445]  [2444]  [2443]  [2442]  [2441]  [2439
正月休みも終わって、仕事かったるいとか思ってたら、
もう1月も終わり、今年も1/12が消化されてしまいました。

1月って何をしたかな?と思ってみたりしましたが、
これといって大してなにもしてなくて、焦ったりしています。

歌会自体は2回開催し、その度に新人さんも増えて、
サークルそのものは順調なんだと思いますが、
何かを成し遂げたり、変えたりしなければと思います。

ついでに、正月休みで増えた体重も変わること無く、
締まらないズボンのホックに悶たりする今日このごろ。



さて、最近は携帯電話の普及しすぎるほどの普及に、
家の電話には出ない人が増えたのではないでしょうか。

自分への用事なら、携帯電話にかかってくるだろうし、
いろいろな登録などに記入する電話番号も、
ほとんどが携帯電話番号だったりするものです。

ですから、フイにかかってくる家の電話には、
一瞬どうしたものか?と身構えてしまうようになります。
私も携帯電話への着信は、素早く応対できるのに、
家への電話には、ちょっと考えこんだりしちゃいます。


そして、なかなか出ない家への電話に出てみると、
ほぼ勧誘で、「結婚に興味ありますか?」とか、
「オール電化に興味ありますか?」などと聞いてきます。

そんな時、私は割りとヒマな時は付き合ったりします。
むしろ話に乗っかって、「うんうん、それで?」なんて言うと、
相手も気を良くして、いろいろ話を振ってきます。

そうやって話していると、その勧誘や宣伝の方法から、
サークル活動に活かせそうなアイデアがあったりします。

最終的にはそんな勧誘の内容には全く乗りません。
「興味があるか?」と聞かれたから聞いただけですからね。


今でこそ、歌会の参加確認はほぼ携帯電話ですが、
サークルが始まった当時は、家の電話が多かったですね。
女性メンバーに電話して家族がでると、それは緊張しました。


拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/