ちゅうカラぶろぐ


[3082]  [3081]  [3080]  [3079]  [3078]  [3077]  [3071]  [3076]  [3075]  [3074]  [3073
突然ですが皆さん、Mac使ったことありますか?

えっ?モスバーガー派?
いやいや、ポテトはマック一択でしょ。常識的に考えて…





って、そうじゃなくて。
コレです、コレ。PCのMacです。




先日のかときちさんのブログに、Mac買ってみたいけど、悩ましいから、誰か背中を押してくれ!的なことが書いてありましたよね。




こんなこと言われたら、生粋のMacユーザーの私としては、Macのゴリ押しブログを書かざるを得ないじゃないですか!!

と、いうわけで、今日は個人的な視点でのMacの良さと悪さについて語ってみたいと思います。





さて、これを読んでいる人のほとんどが、Windowsは使ったことあるけどMacは使ったことないよーって人だと思います。
そんな人が、Macに乗り換えるにあたって一番心配になるのは、やはり互換性かなーと思います。
今までWindowsで出来ていたことが、Macに換えたせいで出来なくなったら困りますからね。


で、その辺実際どうなのよ?って話なんですけど…

用途によるので自分で調べてください。笑



いや、何も冷たくしようと思って言っているわけではなくてですね…
PCを使う目的って色々あると思うんですよ。

日常的な用途であれば、インターネット、メール、word、Excel、PowerPointなんかが挙げられますけど、まあこの辺のことについては、WindowsだろうがMacだろうが出来ます。当然ですが。
ですから、普段使いに関していえばWin、Macどっちでもいいと思うんですよね。まあ、好みの問題です。


ただ、ちょっと専門的なことにPCを使い始めると、困ったことになるわけで。
例えば、デザインであったり、プログラミングであったり。
それ用のソフト、ツールを使わないと出来ないことってありますよね。
ここでWinとMacのどちらを選ぶかとなると、その辺との相談になるのかなと思います。


で、こういう時にWinユーザーは、
「○○に使うフリーソフトがWindowsにしか対応してないんだよ〜」
なんてよく言うんですけど、


ここ最近のMac用アプリの充実っぷりをナメてはいけない。


Mac用の便利なアプリって、実はすごくいっぱいあるんです。

私もMacを使い始めて2年以上、プログラミングやらカラオケ動画作成やらいろんなことをやってきましたが、大抵のことは出来てしまう印象があります。
もちろん、Winと全く同じソフトがMacにあるわけじゃないですが、大体の場合、同じような用途に使うソフトを誰かが開発してくれています。

中には、Mac用の有料のアプリなんかもあったりして、AppStoreから買えたりもします。



この辺は、IPhoneユーザーの方にも馴染み深いんじゃないでしょうか?
Appleがしっかり審査してくれているのもあって、安心して購入、利用できます。

今のところMacで出来なくて困ったのは、Windows用のネットゲームくらいですかね。サドンアタック(FPS)とか、結構好きだったんですけど、Macに乗り換えてからはご無沙汰です。




と言うわけで、WinとMacのアプリ事情を図にすると、大体こんな感じ。
図の中心に行くほど、一般ピーポー向けの用途だと思ってください。

やはり痒い所に手が届くのはWindowsだけど、大体のことならどっちでも出来ますよ。っていうのが現状ですかね。



となると、なぜ人々はMacを使うのか?と言う話になりますよね。
だって、大抵のことならWinで済むんですよ。そこであえて、高価で、しかもシェアの低いMacを選ぶには、相応の理由があるはずじゃないですか?


私的には、大きく分けて以下の3つの理由があるのかなと思っています。

1.ステータス性およびデザイン性
2.可搬性および操作性
3.Macでしか出来ないことがある


まず1つ目、ステータス性とデザイン性についてですが、
ご存知の通り、スタバでドヤ顔Macというやつですね。

これについてはネットで色々批判やら揶揄されていて、正直スタバにMacを持っていってもドヤ顔なんてできないんですけど…

それでも、この洗練されたフォルムや、画面の綺麗さ、インタフェースは、Windowsと比べてダントツに良いと思います。
Windowsはいろんなメーカーが作っているので、デザインや仕様の統一性があまりないですが、MacはApple社だけですからね。この辺はしっかりしています。



設定画面ひとつ取っても、なかなかにオシャレでしょう?(左がMac、右がWin)




次に2つ目、可搬性と操作性についてですが。
ここはMacBook(ノートPC)を前提に話をさせていただきますと、
MacBookって余計なものが一切ついてないんですよ。

CD/DVDのドライブもついてなければ、最近のモデルだとUSBポートすらついてないんです。
(もちろん、外付けドライブなどで対応することは可能ですよ)


要するに、持ち運んで、いろんなところで使うことを前提に作られているんですよね。
だから薄い。軽い。
机の上でも、膝の上でも、寝っ転がりながらでも使えます。
しかも、その割にはマシンパワーが強く、その辺のデスクトップPCと遜色ないレベルです。


また、トラックパッド(マウスに相当する部分)の操作性がめちゃくちゃ良く
マウスがなくても、マウスと同レベルの操作が可能なんですよね。


今までのノートPCって、持ち運ぶにしても、本体に加えて、充電器やらマウスやら、色々付属品も持ち運ばないといけなかったじゃないですか。
MacBookは本体のみで完結できるので、気軽に持ち運べるし、寝っ転がりながらでも、デスクトップPCと大差ないパフォーマンスを発揮できるというわけです。


正直、Macを使っていて「いいな」と一番思う瞬間がコレですね。



ただし、この可搬性と操作性でWinにアドバンテージを取れていたのも、ちょっと前までの話。
最近はいろんなメーカーが、似たようないい感じのWin機を販売しているので、正直そっちでも良くね?っていう風潮があったり無かったり。


(図はASUSのZenBook)





そして最後の理由、Macでしかできないことですが、
まあ簡単にいうと、プログラミングですね。

細かい話をし始めるとキリがないので省略しますが、Macはプログラミングにおいて最強の環境であるといっても過言ではありません

ですが、プログラミングをしない人にとってはメリットでもなんでもないので、ここはスルーで良いでしょう。
HPを担当していらっしゃるYGさんには、ぜひ一度、機会があれば触っていただきたいものです。笑




さて、長いことグダグダと語りましたが、以上の話をまとめるとMacBookとは、

・大体のことができて
・外見も中身もオシャレでカッコよくて
・ブランド力もあって
・持ち運び便利な割にマシンパワーが強くて
・プログラミング環境として最強で(どうでもいい)
・ちょっとお高い贅沢PC

と、言ったところでしょうか。
ぶっちゃけ、一般人に「PC欲しいんだけど…」と相談されても、Macを勧めることはほぼ100%ないんですけど、

少しでも興味があるって方には、ぜひ一度、手に取ってみて欲しいなーと思います。
色々とMacについて語りましたが、実際に触ってみて虜になる人って多いんですよ。
まあ、iPhoneユーザがiPhoneを手放せない感覚に似てますね。


もちろん安い買い物ではないので、そう気軽に買えよとは言えないんですけど、
あえてかときちさんの背中を押すとすれば、

・人生で1回くらいはMac触ってみてもいいんじゃない?
・PS4を何台も持っているよりかは実用的
・MacBookは比較的高価で売れるので、もし要らなくなっても安心

って感じなので、どうでしょう、かときちさん。
ここはひとつ、Mac購入を検討してみてはいかがでしょうか?

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題 By 総帥 かときちくん
・PS4を何台も持っているよりかは・・

うるさいわww

でも、Mac考える。
DATE : 2017/02/14(Tue)22:34:03 EDIT
私は By レイ
社会人になった1988年から業務に異動する15年くらい前までMacを専門に売る立場の人間でしたよ~。食事会などでMac談義が出来なくて残念です。
DATE : 2017/02/25(Sat)04:25:43 EDIT
/