ちゅうカラぶろぐ


[1909]  [1908]  [1907]  [1906]  [1905]  [1904]  [1903]  [1902]  [1901]  [1900]  [1899
おは☆にっしー♪

昨日の物凄い豪雨が振り、電車の遅れやら冠水やらで交通混乱がすごかったようですが、自分は車通勤でしてしかもその日は仕事で朝早くから夜遅くまで会社にいたため、交通渋滞にあうどころか雨にすら遭遇しませんでした。
・・・あれ?雨降っていないのに頬から冷たいものが・・・。


先日風立ちぬの話をしていたと思ったら、今週はなんと宮崎駿監督の引退ニュースがアニメ界に限らず世界を驚かせました。
監督の「引退発表」ってあんまり聞かないですけど、宮崎さんは過去に何度も辞める辞める詐欺をやらかしているのでなーんちゃっての可能性も十分ありますけどねw
ただ、改めて72歳という年齢には驚きです。そりゃ引退を考えてもおかしくない歳ですわな・・・と思ったらクリント・イーストウッド83歳やった・・・・。

多くのアニオタにとっては宮崎監督のアニメというと「ルパン」「ナウシカ」そして先日放映された「ラピュタ」を3トップとして信仰している人が多いでしょう。
散々ブログでも言っているように自分もこれらの作品はかなり信者です。特にルパンの面白さは全一。


宮崎作品のすごいのは、数十年前からほぼ変わらない作りなのに、技術が進歩した今でも他所がそれを超えるアニメを作ることができないクオリティの高さを誇っていることですね。
キャラクターのタッチも冷静に見たらあだち充ばりに同じようなキャラばかりなのですが、飽きず媚びずちょうどよく見えてしまうのが駿マジックですなあ。
最近は歳相応?のマッタリした映画ばかりなので、ああいうファンタジーな冒険活劇映画を作ってもらいたいなーと皆どこかで期待していると思うんですけどね。


どうやら明日本人の正式な記者会見があるらしいので、どんな言葉を述べるか気になります。

後、初監督作品カリオストロの城上映はよ。はよ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
庵野ナウシカ By 光
DVDといった光学系ディスクソフトはカリ城1本しか持ってないという宮崎信者かつ懐古厨なおいらです。

体力的なものに加えて
「時代に追いつかれた」とか
「今ファンタジーを作る難しさ」
という言葉が重いですね。

そんな中、鈴木プロデューサーが
庵野版ナウシカを企画してるという
インタビュー記事を週刊誌で見ました。

前編を庵野で後編を宮崎という案を
宮さんにけられたとか
「庵野ならいいかなぁ・・・」と言わしめたとか興味深い記事でした。
DATE : 2013/09/06(Fri)11:12:16 EDIT
/