ちゅうカラぶろぐ


[3479]  [3480]  [3478]  [3477]  [3476]  [3475]  [3473]  [3474]  [3472]  [3471]  [3470
昨日、久しぶりに一人カラオケで新曲を特訓してきました。今週末、リベンジ曲&新曲を引き下げて挑みます。ちなみに、以下の3曲です。ただし、どれも87点の壁を突破できなったので、そこまで期待せずに聞いていただけると幸いです。もし、歌いたい曲が被った方は一緒に歌いましょう。

・シュガーソングとビターステップ/ユニオンスクエアガーデン(血界戦線 ED)
・I、愛、会い/ghostnote(銀魂 ED)
・ピースサイン/米津玄師(僕のヒーローアカデミア)


てな、告知をしつつ。やっぱり、ワールドカップのネタを書きたいキムタケ。昨日の試合が悔しくて、悔しくて。午前中はあまり仕事に集中できませんでした。心の整理も兼ねて以下、記載しますので、興味ある方だけご覧いただけると幸いです。




日本が世界中のサッカーファンを魅了した。相手はFIFAランク3位のベルギー。現在のベルギーは名実ともに世界トップクラスのチームだ。技術・フィジカル、組織力ともに真のワールドクラス。予選リーグでもその脅威を遺憾なく発揮した。今大会の事実上の決勝戦は、ベルギーの次戦、ブラジル戦だと言っても過言ではないだろう。日本はそれほどのチームと互角に渡り合ったのだ。

しかし、日本の挑戦は9秒たらずのカウンターで終焉を迎えた。あと一歩、本当に「僅かな何か」が「2-3」というスコアー以上の隔たりを感じさせた。スポーツバーで夜明けを迎えた私は言い知れぬ焦燥感と悔しさの中で家路についた。

このワールドカップで日本は何を得たのか。そして、「僅かな何か」の正体を見つめることが、日本サッカーの発展には必要だと思う。以下では、今大会での成果と課題に考え、具体的な対策を考えたいと思う。しばし、サッカー好きの戯れにお付き合い願いたい。



《ロシアワールドカップで得た”自信”と”経験”》
日本は4戦を経て日本流のサッカーが世界に通用する確かな自信とかつて経験したことない展開を味わった。これらは日本サッカーの成長に必ずや良い影響をもたらすだろう。まずは、日本が得た”自信”と”経験”について記載しよう。

■組織的なディフェンス+素早いパス回し= 日本らしいサッカー
南米チームをアジアで初めて打ち負かした日本。2戦目のセネガル戦も世界を驚愕させた。フィジカル・スピードの身体的な差を補う組織的なディフェンスが、十分に世界に通ずることを証明できた。

中国留学時代、私もアフリカ人と対戦したことがあるが、まるでチーターと競っているかのような体のバネに圧倒された。アフリカ人の身体能力とは、言葉で表す以上の差が明らかに存在している。しかし、日本はツーマンセルの守備でセネガルのサイドに仕事をさせなかった。一人が抜かれることを前提に二人目がカバーに入る、二人一組で圧倒的な個を塞いだ。

また、素早いバスと連動した動き出しは、相手を完全に翻弄。サイドでの縦への突破と中央へ切り込みは何度も相手ゴールを脅かした。イビチャ・オシムがおそらく理想とした「日本らしいサッカー」を日本イレブンは体現できたのではないだろうか。それは多くの日本人が好む美しいパスサッカー。日本人がイメージする「日本サッカー」でも世界と対等に戦える。その”自信”を得た大会だった。

■日本サッカーの新たな経験値
日本はポーランド戦、ベルギー戦でかつて無い貴重な”経験”をする。世界で物議を醸した後半残り10分でのパス回し。ワールドカップでのベンチワークとして初めての試みだった。ベルギー戦での2点リードも日本の未体験ゾーンだったといえる。

かつて、ワールドカップの決勝トーナメントで日本は2点どころか、リードした展開すら経験したことがなかった。ましてや、ベルギーのような強豪相手の準々決勝も始めて。試合後のインタビューで西野監督が「守備を固める選択肢も・・」という発言があったが、おそらく、ベンチもピッチの選手も、そして、テレビの前のファンですら「攻めるべきか」「守るべきか」、迷っていたであろう。

フェライニとシャドリがピッチ入った際に一抹の不安を抱いたが、日本がいい流れで試合を運んでいた。西野監督の躊躇も理解できる。それほど、シビアな選択と残酷な結果を私達は経験した。必ずやこの”経験”と”自信”は日本サッカー進歩の糧になると信じたい。


《日本サッカーの課題》
ベルギー戦、日本は間違いなく世界のトップクラスの背中に触れることができた。しかし、打ち負かすことはできなかった。そこには明らかな差が存在している。もちろん、フィジカルや決定力など如何ともしがたい課題も存在する。しかしながら、今大会の日本はそれらを補ってあまりある日本の良さを示した。では、日本が世界の頂点を目指すうえで、何が足りないのか。どうすればいいのか。私が感じたベルギーとの差に注目しつつ具体的な対策案を記載しよう。

■GKの育成
日本と世界の差を最も大きく感じたポジションはGKだった。他国の代表はそのほとんどが欧州のトップリーグでレギュラーを張る選手がゴールマウスに陣取っている。しかし、日本サッカーの現状はその対極にあるように感じる。

Jリーグを見渡しても、韓国人や欧州・オーストラリア出身の長身選手がクラブのGKを担い。日本人キーパーを守護神とするチームは年々少なくなっている。また、海外のトップリーグでGKとして活躍した実績のある選手は今までにおらず。辛うじて、川島がフランスリーグに所属し、何試合かに出場しているレベルである。

イタリアのブッフォン、スペインのカシージャスしかり、ブラジルのジーダ。世界の頂点に立ったチームには必ず優秀なGKが存在していた。川島も素晴らしいプレーは見せてくれたが、「ノイヤーだったら」っと内心思ってしまう場面も多々あったことも事実だろう。

そして、この差は日本サッカー育成年代に起因していると考えている。私も少年サッカークラブに入っていた時期があるが、地域のサッカークラブでは基本的なパスやシュートの技術を教えることに長けた指導者は多い。しかしながら、キーパースキルを専門的に指導できるインストラクターが全国に何人いるのだろうか。おそらく数少ないと思っている。

体格的に劣る日本が世界と対等に戦えるキーパーを生み出すためには、育成年代から徹底したキーパーとしての技術、思考を磨く必要があるように感じる。キーパーにはキーパー向けのトレーニングがあるのではないか。

そのためには、各地域のサッカー協会とJFAが連携して、週に1度、地域のGK候補を集めキーパー専門の練習をするとか、各地域の指導者にキーパー育成方法を学ばせる機会を創るべきかもしれない。また、ドイツなど先進国への短期留学や海外の指導者を招いて指導方法を確立するなど、より具体的な強化策が必要になりつつあると考える。


■選手層の差を埋める「ジャパニーズ・スタイル」の確立
ベルギー戦の敗因の一つが選手層の厚さではないかと私は考えている。ベルギーは前節のイングランド戦、スタメン9人を温存しながらもイングランドに勝利している。他方、日本もメンバーを6人スタメンから外したが、フォーメーションを4-4-2に変更せざるを得なかった。本田、香川の他にトップ下を牽引できる選手はおらず、ワントップで大迫のようなポストプレイヤーは他に見当たらない。

日本の選手層の薄さはベルギー戦でも顕著だった。ベルギーは2点ビハインドの場面で投入したフェライニとシャドリが仕事をし、ゲームを振り出しに戻した。特に、日本の左サイドにフェライニを配置することで日本の守備は混乱。結果として試合の流れを大きく変える采配となった。

他方、日本は同点に追いつかれ攻めたい場面で、投入したのは本田と山口だった。山口はスタミナの切れた柴崎の代わりとして。本田は一発の勝負強さを期待しての起用だろう。しかしながら、個の力で点をもぎ取るようなベルギーにとっての「危険な残りカード」を日本は有していなかった。疲れの見えていた乾、長友、酒井宏に代わり、敵陣をかき回すスーパーサブがいなかった。

短い間隔で試合をこなすワールドカップでは控え選手の質がとても重要になる。強豪国になればなるほど、ベンチに豊富なタレントを有しているものだ。そして、誰が出てきても同じフォーメーションで一定以上の連携が取れ、試合を創ることができる。ここに、日本と世界の差があるように感じる。

長く強豪と呼ばれるチームには必ず独自のサッカースタイルが存在する。そして、それは育成年代から一貫して叩き込まれ、選手は基盤ともいえる母国のサッカースタイルの上に、個々のタレント性を磨いているように感じる。

今回、世界を驚かせたアイスランドは独自のサッカースタイルを確立したモデルケースといえる。人口33万人足らずのアイスランドは指導者のライセンス制や独自の育成プログラムを確立。幼児・少年サッカー指導者の多くがプロを指導できるライセンスを有している。

また、その育成プログラムも一貫性があり、アイスランド選手の「決まりごと」ともいえる基本プレイと動作を幼い頃から反復し習得されている。もちろん、他国のサッカー研究も熱心であり、日々、より良いサッカースタイルを開発している国といっていい。

強豪のスペインやオランダなども各国独自のサッカースタイルを有する。その共通理解の中でサッカーをできるからチームへの順応性は高く、いい意味で替えの効く選手が多いのだと考えている。
  
日本のサッカースタイルである組織的な守備、連動した攻撃はどちらも選手の体力を消耗する戦略である。だからこそ、日本はより一層、同等レベルのサブメンバーを多く必要とするチームだといえる。そのためには、育成年代から10年スパンで日本サッカーを確立する必要があるように思う。

そのヒントは岡田元監督の今治FCにあるかもしれない。今治FCは育成年代から技術的な部分だけでなく、パスを出すときの決まりごと、動き方の基本などを徹底的に反復されている。結果が10年後になることがもどかしいが、日本でも日本流の指導方法を模索する動きは確かに始まっている。守備でのカバーリング、連動したバスの出し方。専門的なことは分からないか今大会はそのヒントを多分に与えてくれたように思う。


日本は間違いなく強くなった。そして、初めて世界との差を理解できた試合を経験した。12年後、日本が金色のトロフィーを往々しく掲げ、紙ふぶきの中、歓喜に包まれる時を夢みて。本日は筆を置くこととしよう。

拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
adidas nmd By adidas nmd URL
That is the fitting blog for anyone who wants to seek out out about this topic. You notice a lot its nearly exhausting to argue with you (not that I actually would want匟aHa). You positively put a new spin on a subject thats been written about for years. Great stuff, simply great!
DATE : 2018/08/06(Mon)20:08:58 EDIT
moncler jackets By moncler jackets URL
It抯 laborious to find educated folks on this topic, however you sound like you understand what you抮e talking about! Thanks
DATE : 2018/08/16(Thu)20:49:15 EDIT
paul george shoes By paul george shoes URL
Oh my goodness! a tremendous article dude. Thank you Nonetheless I'm experiencing issue with ur rss . Don抰 know why Unable to subscribe to it. Is there anybody getting equivalent rss problem? Anybody who knows kindly respond. Thnkx
DATE : 2018/08/20(Mon)00:19:25 EDIT
michael kors outlet By michael kors outlet URL
I抎 should check with you here. Which isn't one thing I often do! I take pleasure in reading a publish that can make people think. Additionally, thanks for permitting me to comment!
DATE : 2018/08/20(Mon)11:24:52 EDIT
tom ford sunglasses By tom ford sunglasses URL
This is the fitting weblog for anyone who needs to find out about this topic. You notice a lot its nearly exhausting to argue with you (not that I actually would need匟aHa). You definitely put a new spin on a topic thats been written about for years. Nice stuff, just nice!
DATE : 2018/08/23(Thu)06:33:25 EDIT
crazy explosive By crazy explosive URL
It抯 laborious to find knowledgeable people on this subject, but you sound like you realize what you抮e speaking about! Thanks
DATE : 2018/08/27(Mon)04:17:53 EDIT
chrome hearts By chrome hearts URL
Oh my goodness! an amazing article dude. Thanks However I am experiencing situation with ur rss . Don抰 know why Unable to subscribe to it. Is there anyone getting equivalent rss problem? Anyone who knows kindly respond. Thnkx
DATE : 2018/08/28(Tue)11:59:17 EDIT
/