ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
水曜日担当のレイウォールです。

本日はもちろん先週末に開催されましたアイドルマスターシンデレラガールズ6thLIVE MERRY GO ROUNDOME!!!名古屋公演についてお話しします。

まずは土曜日公演と言いたいところだったのですが、副業の都合がつかず、アイドル達の背中を押すことが叶いませんでした。土曜日公演出演のアイドルの皆には、伏して謝った次第です。2月に上映されるアンコール公演では、その活躍を確認したいと思います。シンデレラガールズに興味のある方は今回のライブは非常に入りやすいものとなっていますので、そこでのご観覧をされてみてはいかがでしょうか?

ということで日曜日です。九州からB767に乗り、昼過ぎに現地に到着した私、今回は1400開場だったため、割とすぐの入場となりました。今回の連番者はシンデレラガールズは好きだが、ライブは他を含めて一切行ったことのない人と言うことで、非常にワクワクしたり緊張したりしているのが見て取れました。こうやって新しい風を吹き込んでくれる人がいるからこそ、続いていくということを改めて強く感じ、楽しんでもらえると嬉しいと思いつつ開演を待ちます。

そして序盤から私はそんなことは忘れ、感涙を流すことになりました。関裕美の楽園にやられました。そもそもこの曲、SS3Aの時も泣かされたことを覚えています。今回は加えて関ちゃんを演じる会沢さんの手前にダンサーのsatsukiさんがいたのです。satukiさんは彼女を知るちゅうからメンバからは関ちゃんに似ている子とよく言われます。そんな彼女が満面の笑みでこの曲を踊る後ろで同じように満面の笑みで歌う会沢さんがいます。そして、迷っても一歩ずつ進んで来たことでたどり着いた楽園がこのドーム公演と思うと、涙が溢れてきてしまったのです。

また花井美春さんのおんなの道は星の道もその進化を大きく感じさせられました。前回はCDを目指したとMCにて話していた花井さんですが、今回はアイドル村上巴の想いを込めたのではないかと思っています。2コーラス目のAメロにそれが強く表れたと勝手に思っています。

他に語るべき曲はたくさんあるのですが、あと一曲だけでここは締めようと思います。ツインテールの風です。この4公演で歌われてきたSEASONSシリーズの最後を締めくくるこの曲は恋の始まりを告げる歌です。CDの販売順は違ったのですが、今回は四季の遊園地をテーマにSEASONSのリード曲である風の付く4曲を全公演に盛り込んできました。春は再開を祝福する"桜の風"、夏は恋人と楽しむ海に吹く"銀のイルカと熱い風"、秋は物悲しい"秋風に手を振って"、そこに冬を加えた4曲です。この4曲はそもそも冬夏秋春の順でストーリーがあるのですが、春から始まったことで夏、秋を過去の振り返り、冬を最後に持ってきたことで新しい物語の始まりを思わせます。セトリを組んだ人がそこまで考えているかはわかりませんが、そうやって考えるとこれからのアイドルマスターの展開というものを思い返させ、次の展開を楽しみにしてねというメッセージがあると思えて楽しくなりませんか?

さて、本日紹介するのは山紫水明で"sunshine see may"です。まあ誰がどう聞いてもユニット名と曲名をかけていますね。山紫水明というと美しい自然を指す言葉で、最近私が訪った高千穂峡を思わせます。この曲もその言葉を使うに違わず、澄み切った音に乗せた穏やかな歌声が、美しい一曲となっています。スマートフォンアプリ アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージにて視聴が可能なミュージックビデオにおいてもまさにそのようなロケーションで歌う山紫水明の二人を見ることができますので、インストールしゲームをプレイしていただければと思います。

おわり。

拍手[2回]

みなさん、おはようございます。水曜日担当のレイウォールです。

今、私は副業の出張で九州に来ています。なので九州についてお話します。

先日、宮崎県にある高千穂峡に言ってきました。高千穂といえば、天孫降臨の地として観光名所になっています。また天の岩戸神話もこの地が舞台とされています。

神話から離れても近くにある国見ヶ丘は雲海で有名ですし、高千穂峡の真名井の滝も良く名前が通っています。国見ヶ丘は近いと言っても5kmほどの距離があり、その後の予定を考えると訪うことが出来なかったのですが、高千穂峡は絶景ですね。結構深い峡谷ですのでバス停から歩くのもなかなか遠いものでしたが、それに見合う価値はありました。

切り立つ岸壁に新緑と紅葉が混じり合った山、眼下を流れる急流に谷間を流れ落ちる滝と言うことで自然の雄大さというものを感じさせられました。携帯で写真を撮っていなかったため、掲載することができず残念です。

また高千穂神社では神楽をやっており、所謂神事を目の当たりにしてきました。

機会があれば泊りがけで行きたいものです。

あと宮崎唯一の日本酒を醸す蔵の日本酒と霧島酒造の霧島EXを買いました。今のところ忘年会向けに考えていますので、お楽しみに。

さて、今回ご紹介する曲は気持ちいいよね 一等賞!です。
宮崎といえばプロ野球のキャンプ地として有名ですね。アイドルマスターで野球といえばこの人、姫川友紀です。彼女の出身地は宮崎県ということもあり紹介するのはこれしかないと思います。応援歌ですね。みんなで声出してかっ飛ばしていこー!っていう感じで叫ぶ曲です。

とりあえず落ち込んだときとかには元気が出ますよ。

おわり。

拍手[2回]

みなさん、おはようございます。水曜日担当レイウォールです。

副業の出張のため、若干の間、名古屋から離れることになりました。また12月の歌会の際には名古屋に戻っている頃なので、お土産を持っていきますね。

それはともかく、この土日はメットライフドームにてアイドルマスターシンデレラガールズの6thライブが開催されました!

今回の公演は全4公演で構成され、それぞれが春夏秋冬、四季の遊園地をテーマに構成されています。メットライフドームでは春夏の2公演が開催されました。

この6thライブ、現状では大成功と言っていいでしょう。ライブで披露したことがない曲を無理やりやるのではなく、あくまでもテーマの中で新曲、既存曲を織り交ぜ、一つのテーマパークを完成させていました。tommorow landのなかにシンデレラ城が無く、fantasylandに有ると言えば、分かるでしょうか。それをきっちり作り上げて来たというのが今回の良さだと思います。

当然各キャストのパフォーマンスも素晴らしいものがありました。私がバラード好きというのもあり、2日目の夏の終わりの寂しさブロック(本当にそういうテーマかはわかりませんが、私はそう感じました)のin factからのvoyage、わたぐもの流れはゾッとしました。3人ともがそれぞれの曲をそれぞれのあり方で新しい魅せ方を見出していたように思います。

わたぐもが特にいい例で、明るい表情の中にふと見せる寂しげな微笑みは小さな女の子の成長と日々の楽しさ、過ぎ去っていく毎日の寂しさを綺麗に表現する黒沢さんの凄さを改めて感じたものです。

こんなライブですが12/1及び12/2の2日間、ナゴヤドームにて秋冬公演が開催されます。興味を持たれた方はチケットが手に入らないか探してみてはどうでしょうか?

さて今回紹介する曲は凸凹スピードスターです。永遠の17歳安部菜々とシュガーハートこと佐藤心の2人が歌うこの曲はコール曲です。疲れました。でもとにかく声を出すのって楽しいですよね!

おわり。

拍手[1回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

歌会にご参加の皆様,お疲れ様でした。ハロウィンということで,ハロウィンらしいものから,そうでないものまで仮装をされている方が多く見受けられました。初参加の方も多く見え,盛り上がった一日だったのではないでしょうか。

今回は土曜日に千葉県市川市文化会館で開催されたCINDERELLA PARTY公開録音イベント,CINDERELLA REAL PATY 05 この時を待っていた!うきうき ようきな うんどうかい についてお届けします。

そもそもCINDERELLA PARTYはアイドルマスターシンデレラガールズのwebラジオ番組で,主催(パーソナリティ)のトーク力や遊びすぎた企画から流刑地とか非公式とかそんな呼ばれ方をされています。そんなラジオが公開録音をやってただで済むはずがないということで,今回は副題通り運動会をテーマにコーナーが進みました。ゲストの黒沢ともよ,小市眞琴,嘉山未紗の3名と主催の青木瑠璃子,原紗友里の2名,計5名で始まったイベントは,ゲストの3名が演じるアイドルにちなんだオリジナル競技3種類で競われる運動会となりました。

第1種目はしっぽをつけて,動き回り,しっぽに書いてある3文字の単語を当てられないようにするゲーム,第2種目は風船でリフティングをしながらお題をこなすゲーム,第3種目は粘着テープをつけたソフトチャンバラで紙吹雪をくっつけるゲームです。
とりあえず小市さんがリフティングで圧倒的な点数を稼いだことで優勝しました。

問題はそこからで,ライブコーナーにて驚きがありました。前半はデレパコーナーということで,特段の問題もなかったのですが,Treasure☆をもって,デレパから(正統派の)シンデレラガールズに場面は転換します。MCで"青空を見せます"との言葉で会場にざわつきが広がります。それもそのはず,嘉山さんが演じる脇山珠美と小市さんが演じる結城晴,黒沢さんが演じる赤城みりあで"青空"といえば思い浮かぶ曲はただ一曲。これまでライブで披露されたことが全くない青空エールであると皆気づいたのです。小市さんと嘉山さんはシンデレラガールズに参加し,最初に歌った楽曲でもあり,さらに言うならば,青空エールはJ1 サガン鳥栖の応援ソングとして作られた曲でもあるため,サッカー好きのアイドル結城晴が歌うのにぴったりな一曲です。
そんな楽曲が突然披露されたことに驚いたものです。

さて、今回ご紹介する曲は"アンデッド・ダンスロック"です。アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージで現在開催中の同名イベントの楽曲として実装されたこの曲は,これまでのアイドルマスターになかった楽曲の一つです。だいぶ重たい低音に支えられた不気味さを持つ曲はアイドルソングというより,ダンスユニットの曲を聴いているような気分です。実際にゲーム中のMVを見るとかっこいいダンスであり,覚えてみたくなります。

おわり。

拍手[1回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

秋アニメの季節が本格的に始まりました。人気シリーズの続編をはじめ,今期もたくさんのアニメが始まっています。

ということはちゅうから的に見れば,新しく歌える曲が増えるチャンス。10/21の歌会ではきっと何かしらを歌う人がいると思っています。

アイドルマスターシリーズからは5分アニメ枠でアイドルマスターSideM 理由あってMini!が始まりました。小さくなったアイドルたちが和気あいあいとした姿を見せるアニメです。

短い枠でSideMのアイドルのことを知ることができるのでまず最初に見てみるのはありじゃないでしょうか。

さて、今回ご紹介する曲は"ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど"です。
この曲はプチ系列のアイマスアニメの走りであるぷちますの曲の一つです。ぷちますの曲はなかなか聞く機会もないのですが,今年の頭に開催された初星演舞というライブで予想外に歌われたことは覚えています。ぷちます,しんげきのどちらも頻繁に主題歌を変えてきた5分アニメ枠のアイマス。今回もCDが3枚予定されているため,おそらくはそうなると思って期待していいでしょう。

おわり。

拍手[1回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

先週日曜日は台風でしたね。すごい大風になったと思ったら,次の日の朝には台風一過,いい天気でした。

今回は興味深いスマホアプリを見つけたので,その紹介でも。

こちらのらふおん-rough music-というものです。
https://peraichi.com/landing_pages/view/x2sow

コード進行を設定,あとは流れる伴奏に合わせて,画面の鍵盤をタップするだけで,そのキーに合ったメロディが作れるというものです。作ったメロディは楽譜やmidiファイルとしてエクスポートが可能で,cubaseなどのDAWに持っていくこともできます。このアプリでのメロディ作成はリアルタイム演奏にのみ対応していますので,そういったDAWで微調整することで,より好みのメロディを作ることができます。

また,楽器も一種類しかありませんが,オーディオファイルではなく,midiで吐きだすので,DAWのほうで,他の音源データを使うことで,どんな楽器にでも対応可能という者にもなっています。

情景を思い浮かべると頭の中でメロディをイメージできるような上級者ならともかく,なかなかそうもいかないような人が試しに曲を書いてみようと思ったときになど,非常におもしろいツールだと思います。

さて、今回ご紹介する曲は"Sister"です。アイドルマスターミリオンライブより天空橋朋花が歌うこの曲はラテン調の曲に,朋花様の呼吸音が入るところから始まるセクシーな曲です。このCDにはブラジル,リオジャネイロ出身のアイドル,島原エレナが歌う灼熱のパレードが収録されている点も含めて聞くと意図的なものがあるのか・・・?と思いもしますが,他2曲は全く違うのでたぶんそんなことはないのでしょう。それはともかく,この曲自体が,モチーフを効果的に使うことで,ラテン系というなかなか聞きなれない雰囲気の曲にもかかわらず,ポップスっぽく仕上がるようになっていたり,フロウをメロでうまく使うことで,気持ちいい歌詞になっていたり,ともかく単体で聞いてもいい歌です。一度聞いてみてはいかがでしょうか。

おわり。

拍手[2回]

ちゅうからのみなさん、プロデューサーのみなさん、おはようございます。
ちゅうカラブログ水曜日担当のレイウォールです。

先日の歌会にご参加の皆様お疲れ様でした。

たまにまじめな話でも

さて,何かと東海道新幹線に乗る機会が多いので,今までの無駄な抵抗である毎度切符を購入し,乗車のスキームをやめ,ex予約会員の申し込みをしました。

こちらはJR東海およびJR西日本のサービスとなっており,スマホ等からネットワークを介し,乗車直前までならいつでも予約が取れるというサービスです。加えて,有料会員であれば,2回も乗れば元が取れるというサービスとなっています。

無料会員は意味がないかというとそうでもなく,通常の交通ICカード(pasmoとかsuicaとか)を新幹線の乗車時に予約と紐づけて使えるというものらしいです。2回乗ればということは往復一回分,年会費と比較すると往復1回目で900円のバックがあるという物です。
それだけ,東海道新幹線の運賃設定に余裕があるのかもしれませんが,非常にお得な設定となっています。

何が言いたいかというと,今の世の中,便利なサービス,お得なサービスが増えているから,しっかりと調べて,自分のスタイルに合わないものを合うものに変えていかないと損するよという話です。

世の中の変革がどんどん加速している今,我々ユーザ側のアンテナを高くする必要も強くなっているということですね。Industry 4.0と呼んでネットワーク系と物理系を融合させた産業革命を目指してみたり,より社会的問題に対応させたSociety 5.0なんて話があったりします。こういったものが大きく社会を変えていく中で,今までのネットワークを利用すること=ウェブブラウジングやちょっとした音楽等のデータのやり取りだけではもったいない。また人に自身の情報をビッグデータの一部として渡すだけでは悔しいので,これからの在り方というのを考えるのも興味深いかもしれません。

もっとも新幹線の予約なんかはビッグデータを取られるだけかもしれませんが。

さて、今回ご紹介する曲は"オーディナリィ・クローバー"です。また最新曲です。アイドルマスターミリオンライブシアターデイズのイベント オーディナリィ・クローバーのイベント曲であるこの曲は3姉妹喫茶というテーマの劇中劇の主題歌です。まあゆったりとした時を過ごすための曲として,非常にいいゆったりした曲です。もちろん,音ゲーをしながらでは忙しいので,MVを見ながらゆったりと聞くのが一番です。

おわり。

拍手[2回]

/