ちゅうカラぶろぐ


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
みちグリのダイエット戦記の幕が開けてから、早1ヶ月が経過しました。

と、いうことで…
大変長らくお待たせ致しました!
ここで2人のダイエットの途中経過を発表したいと思います!!


まず最初に、ダイエット前の体重です。



左:みちさん 69.5kg
右:グリさん 62.9kg




さて、気になる1ヶ月の成果は…













「CMの後!!!!」
 「はよ見せろやアホ」
 「すみません…」















はい。コチラ!!



左:みちさん 66.8kg (-2.7kg)
右:グリさん 61.6kg (-1.3kg)



とりあえず、2人とも順調に減ってるみたいです!
今後とも、暖かく見守ってやってください!




←この人にはお菓子をあげましょう。


拍手[0回]

突然ですが皆さん、Mac使ったことありますか?

えっ?モスバーガー派?
いやいや、ポテトはマック一択でしょ。常識的に考えて…





って、そうじゃなくて。
コレです、コレ。PCのMacです。




先日のかときちさんのブログに、Mac買ってみたいけど、悩ましいから、誰か背中を押してくれ!的なことが書いてありましたよね。




こんなこと言われたら、生粋のMacユーザーの私としては、Macのゴリ押しブログを書かざるを得ないじゃないですか!!

と、いうわけで、今日は個人的な視点でのMacの良さと悪さについて語ってみたいと思います。





さて、これを読んでいる人のほとんどが、Windowsは使ったことあるけどMacは使ったことないよーって人だと思います。
そんな人が、Macに乗り換えるにあたって一番心配になるのは、やはり互換性かなーと思います。
今までWindowsで出来ていたことが、Macに換えたせいで出来なくなったら困りますからね。


で、その辺実際どうなのよ?って話なんですけど…

用途によるので自分で調べてください。笑



いや、何も冷たくしようと思って言っているわけではなくてですね…
PCを使う目的って色々あると思うんですよ。

日常的な用途であれば、インターネット、メール、word、Excel、PowerPointなんかが挙げられますけど、まあこの辺のことについては、WindowsだろうがMacだろうが出来ます。当然ですが。
ですから、普段使いに関していえばWin、Macどっちでもいいと思うんですよね。まあ、好みの問題です。


ただ、ちょっと専門的なことにPCを使い始めると、困ったことになるわけで。
例えば、デザインであったり、プログラミングであったり。
それ用のソフト、ツールを使わないと出来ないことってありますよね。
ここでWinとMacのどちらを選ぶかとなると、その辺との相談になるのかなと思います。


で、こういう時にWinユーザーは、
「○○に使うフリーソフトがWindowsにしか対応してないんだよ〜」
なんてよく言うんですけど、


ここ最近のMac用アプリの充実っぷりをナメてはいけない。


Mac用の便利なアプリって、実はすごくいっぱいあるんです。

私もMacを使い始めて2年以上、プログラミングやらカラオケ動画作成やらいろんなことをやってきましたが、大抵のことは出来てしまう印象があります。
もちろん、Winと全く同じソフトがMacにあるわけじゃないですが、大体の場合、同じような用途に使うソフトを誰かが開発してくれています。

中には、Mac用の有料のアプリなんかもあったりして、AppStoreから買えたりもします。



この辺は、IPhoneユーザーの方にも馴染み深いんじゃないでしょうか?
Appleがしっかり審査してくれているのもあって、安心して購入、利用できます。

今のところMacで出来なくて困ったのは、Windows用のネットゲームくらいですかね。サドンアタック(FPS)とか、結構好きだったんですけど、Macに乗り換えてからはご無沙汰です。




と言うわけで、WinとMacのアプリ事情を図にすると、大体こんな感じ。
図の中心に行くほど、一般ピーポー向けの用途だと思ってください。

やはり痒い所に手が届くのはWindowsだけど、大体のことならどっちでも出来ますよ。っていうのが現状ですかね。



となると、なぜ人々はMacを使うのか?と言う話になりますよね。
だって、大抵のことならWinで済むんですよ。そこであえて、高価で、しかもシェアの低いMacを選ぶには、相応の理由があるはずじゃないですか?


私的には、大きく分けて以下の3つの理由があるのかなと思っています。

1.ステータス性およびデザイン性
2.可搬性および操作性
3.Macでしか出来ないことがある


まず1つ目、ステータス性とデザイン性についてですが、
ご存知の通り、スタバでドヤ顔Macというやつですね。

これについてはネットで色々批判やら揶揄されていて、正直スタバにMacを持っていってもドヤ顔なんてできないんですけど…

それでも、この洗練されたフォルムや、画面の綺麗さ、インタフェースは、Windowsと比べてダントツに良いと思います。
Windowsはいろんなメーカーが作っているので、デザインや仕様の統一性があまりないですが、MacはApple社だけですからね。この辺はしっかりしています。



設定画面ひとつ取っても、なかなかにオシャレでしょう?(左がMac、右がWin)




次に2つ目、可搬性と操作性についてですが。
ここはMacBook(ノートPC)を前提に話をさせていただきますと、
MacBookって余計なものが一切ついてないんですよ。

CD/DVDのドライブもついてなければ、最近のモデルだとUSBポートすらついてないんです。
(もちろん、外付けドライブなどで対応することは可能ですよ)


要するに、持ち運んで、いろんなところで使うことを前提に作られているんですよね。
だから薄い。軽い。
机の上でも、膝の上でも、寝っ転がりながらでも使えます。
しかも、その割にはマシンパワーが強く、その辺のデスクトップPCと遜色ないレベルです。


また、トラックパッド(マウスに相当する部分)の操作性がめちゃくちゃ良く
マウスがなくても、マウスと同レベルの操作が可能なんですよね。


今までのノートPCって、持ち運ぶにしても、本体に加えて、充電器やらマウスやら、色々付属品も持ち運ばないといけなかったじゃないですか。
MacBookは本体のみで完結できるので、気軽に持ち運べるし、寝っ転がりながらでも、デスクトップPCと大差ないパフォーマンスを発揮できるというわけです。


正直、Macを使っていて「いいな」と一番思う瞬間がコレですね。



ただし、この可搬性と操作性でWinにアドバンテージを取れていたのも、ちょっと前までの話。
最近はいろんなメーカーが、似たようないい感じのWin機を販売しているので、正直そっちでも良くね?っていう風潮があったり無かったり。


(図はASUSのZenBook)





そして最後の理由、Macでしかできないことですが、
まあ簡単にいうと、プログラミングですね。

細かい話をし始めるとキリがないので省略しますが、Macはプログラミングにおいて最強の環境であるといっても過言ではありません

ですが、プログラミングをしない人にとってはメリットでもなんでもないので、ここはスルーで良いでしょう。
HPを担当していらっしゃるYGさんには、ぜひ一度、機会があれば触っていただきたいものです。笑




さて、長いことグダグダと語りましたが、以上の話をまとめるとMacBookとは、

・大体のことができて
・外見も中身もオシャレでカッコよくて
・ブランド力もあって
・持ち運び便利な割にマシンパワーが強くて
・プログラミング環境として最強で(どうでもいい)
・ちょっとお高い贅沢PC

と、言ったところでしょうか。
ぶっちゃけ、一般人に「PC欲しいんだけど…」と相談されても、Macを勧めることはほぼ100%ないんですけど、

少しでも興味があるって方には、ぜひ一度、手に取ってみて欲しいなーと思います。
色々とMacについて語りましたが、実際に触ってみて虜になる人って多いんですよ。
まあ、iPhoneユーザがiPhoneを手放せない感覚に似てますね。


もちろん安い買い物ではないので、そう気軽に買えよとは言えないんですけど、
あえてかときちさんの背中を押すとすれば、

・人生で1回くらいはMac触ってみてもいいんじゃない?
・PS4を何台も持っているよりかは実用的
・MacBookは比較的高価で売れるので、もし要らなくなっても安心

って感じなので、どうでしょう、かときちさん。
ここはひとつ、Mac購入を検討してみてはいかがでしょうか?

拍手[0回]

突然ですが皆さん、家の掃除してますか?


いつぞやの記事で、コバエを大量発生させてしまった事件について触れましたが…
なんと性懲りも無く、またパンデミックをやらかしてしまいました。


今回の事案はコイツ。



そう、カビです。


ここ1週間ほど、ベッドではなく、床にマットレスを敷いて寝ていたんですけど、
見事に、絨毯にカビが発生してしまいました。

消毒用のエタノールを振りかけまくって、掃除をし、事なきを得たのですが…

どうやら、寝汗や結露によって床に湿気が溜まってしまったのがよくなかったようです。
マットレスと絨毯の間に乾燥剤などを入れないとダメみたいですね。

カビと言えば、どっちかというと夏のイメージがありますが、
冬にもカビは容赦なく生えるようです。
皆さんもお気を付けください!



拍手[0回]

前回までのあらすじ

季節は冬!ラーメンが美味い!
しかし現実は非情。日に日に増えゆく体重、育ち行くわがままボディ!
このジレンマに終止符を打つべく、2人のダイエット戦士が立ち上がった…!





はずだったのだが…








やっぱりラーメンは美味いんだよ!!!
そして…









というわけで、この1週間で3つもの罪を重ねてしまったみちさん。
彼のダイエットの行方やいかに!? 乞うご期待!






おまけ
先日の歌会で受けた 餌付け 施し

 


  



拍手[0回]

「前回、とっておきのネタを用意していると言ったが…」

「あれは嘘だ!!」







いや、別に嘘ってこともないんですけど、
ネタ公開の下準備が終わってないのでしばらくはお預けになりそうな予感です。


まあそれはさておき…

突然ですが皆さん、運動してますか?


事の発端は先週末。
ちゅうカラメンバーのグリさん、およびその嫁さんとタコ焼きをつつきながら雑談をしていた時のこと。

グリさんの嫁に、不意に腹を触られ、

「みちくん、意外にお腹に肉ついてるんだね」

と言われてしまったのです。


確かに… 
ここ最近は正月の麺始めを皮切りに、すき焼きやら何やら美味いものを食い過ぎている。
しかも運動らしい運動は全くしていない。


いい加減なんとかしなきゃなーとは思ってはいたが、ついに他人に言われてしまうとは。
不覚です。


とまあ、こんなことがありまして、みちさんのダイエット計画が始動するわけなのですが、
せっかくなのでグリさんとダイエット勝負をすることに。



名付けて、みちグリのダイエット戦記!!!

ルールは簡単
1ヶ月ごとに公開体重測定をする
・夏までにたくさん痩せた方が勝ち

加えて、負けたら痩せた分の体重を戻すデブ活をするという恐ろしい罰ゲームつき。


さて、戦うにあたってまずは作戦を考えなければいけません。
ダイエットの方法は色々ありますが、今までの経験からいくと、食事制限はまず無理。
となると、運動をするしかない。と、いうことで。






久々にこの人にお世話になることにしました。
そう、ビリー隊長です。

最近は全くやっていないので続けられるか不安ですが、
その昔、2ヶ月ほど続けて6キロくらい落としたこともありますし、まあ何とかなるでしょう。笑



ちなみに現在の体重がこちら。
飯食った後に測定したとはいえ、常識的に考えてそろそろヤバいライン。

みちさん(左・69.5kg) グリさん(右・62.9kg)



そういう訳なので、2人の戦いを暖かく見守ってやってくださいな。

いいですね?
みちさんに炭水化物や甘いものを与えないでくださいね?

絶対ですよ????


そして、グリさんには美味いものを積極的に食わせてあげましょう。



あ、ちなみにグリさんっていうのはこの人。
皆さん、この人を見かけたら、お菓子をあげましょう!!!



拍手[0回]

突然ですが皆さん、家計簿つけてますか?


どうもこんばんは、みちさんです。
2017年も始まって10日ほど経ちましたね。

新年会などで、今年の抱負は…なんて話がよく挙がる時期ですが、
私の今年の目標の1つは、家計簿をちゃんとつけることです。


実は私、結構な浪費グセがありまして。
Amazonの購入履歴を見ると、去年は結構無駄なもの買いすぎたな〜と反省するレベルです。
乗りもしない折り畳み自転車の輪行袋を買ったり、わけのわからない本をタイトル買いしたり…

そういうわけで、今年こそは無駄遣いを減らそうと、家計簿をつけることにした次第です。



ちなみに購入したのがコレ。
帯にもあるように、すごく簡単につけられるという噂の家計ノートを買ってみました。

家計簿というよりは小学生の小遣い帳に近い感じで、
とりあえず今のところは無理なく続けられています。

この家計ノートも無駄遣いカテゴリに入らないよう、頑張って続けて行きたいですね。








 「おい。オチがないぞ」
 「ら、来週はとっておきのネタがあるから!!」



拍手[0回]

皆さん、新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!


と言う堅苦しい挨拶はほどほどにしておいて。



突然ですが皆さん、1月2日といえば、何を思い浮かべますか?
ちゅうカラの初詣姫始め?いやいや。



私の1月2日は毎年恒例、初脂(アブラ)で麺始めと決まってるんです。
まあつまりどう言うことかというと…



こういうことさ!!

地元(岐阜)にある二郎系ラーメンのお店、あっ晴れにて、年明けうどんならぬ、年明けラーメンを食べるのが毎年恒例の行事となっております。
あっ晴れは名古屋にも数店舗あるのでご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、いわゆる二郎系インスパイアのラーメン店でして。
注文すれば麺の量をめちゃくちゃ増やしてくれることで有名な店です。


さて、今回チャレンジするのは麺増量の上限MAXである、茹で前800g!!
ラーメンの麺は茹で上がると大体1.7倍くらいの重量になるので、チャーシューや野菜のトッピングも混みで1.5kgの超重量戦艦の登場です。


写真からも分かるかと思いますが、麺の量が尋常じゃないです。
そもそも、下のスープが見えないし。





ちなみに標準サイズがこちら。
麺の量は、茹で前200gですから、単純計算で約4倍の量。

写真だとその違いが分かりにくいかもしれませんが、2枚の写真とも、乗っている野菜の量は同じです。
標準サイズの野菜はどんぶり上にドカっと乗っているのに対して、4倍サイズの野菜はまるで付け合わせの野菜かのようにチョコンと鎮座していますね。


とまあ、こんな感じのヤバいラーメンなんですけど、
何と30分以内に完食すると、完食認定証の発行に加えて、店に完食記録の写真を載せてもらえるんです!


せっかく正月だし、何か特別なことがしたい。
そんな軽い気持ちで、800gチャレンジに挑んできました!















……

………





なんとか完食!!

いや、マジでヤバかったです。満身創痍でした。
腹ははち切れそうだし、食った後動けないし。

何よりもキツイのが、食えども食えども全然減ってる感じがしないこと。
これ、フードファイトとかいうより、もはや精神修行の類のものではないかという錯覚に陥るほどでしたね。






そんなこんなで、何とか認定証を頂き、引きつった笑顔の写真を撮ってもらい、2017年の初脂麺始めは幕を閉じたのでした。









余裕があったらちゅうカラ初詣に顔を出そうかと思ったが、
腹いっぱいで初詣どころじゃなかったのは言うまでもないであろう。


拍手[0回]

/