ちゅうカラぶろぐ


[908]  [907]  [906]  [905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899]  [898
どこでフラグ立てをミスったのか、年末年始出勤ルートに突入した今日この頃。
このご時世、ロード機能がない人生という名のゲームは、どうかしてると思うんだ。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?ちゅうカラのしょこタンです。

みんな、EDFって知ってるかい?昔PS2で粋に暴れまわったっていうぜ
油断していると後ろからバッサリだ(蟻に食われる的な意味で)

というわけで遂に待ちに待った地球防衛軍正統続編の4が発売決定してくれましたよ。

このゲームとの出会いはゲーム屋の新作棚
パッケからB級臭が漂うものの、特撮モノが大好きな自分としてはSimple2000シリーズの安さも相まって即購入

自宅に帰って電源を入れると、金の掛かってなさそうなタイトル&インタフェースで実にSimpleシリーズな感じ。
ゲーム内容はステージに現れる敵を倒しつつ、武器やライフアイテムを集めて徐々に強くしていく繰り返しゲー

が、このゲームの醍醐味は登場する敵達
敵は宇宙人という設定なのですが、まず初めに闘う敵が『蟻』
モデリングは微妙にチープながらも、ワラワラと大量で押し寄せてくる様は生理的嫌悪感を味わせるには十分。
2ではこれに加えてクモまで現れるモンだから、マジ勘弁レベル。

そして、そんな大量の敵達をバズーカやらナンやらで、破壊可能なオブジェクトとして配置されているビル群と一緒に吹っ飛ばす。
これがまた良いストレス発散になるわけですよ。
当時は気がつくとひたすらビルを破壊している自分がいました。

ゲーム自体のシンプルさに加え、この大量に押し寄せる敵達と、ゲーム中の大半のオブジェクトが破壊可能というゲーム性(そして色んな迷言)も相まって当時は大ハマリ。
作品を重ねるごとに敵キャラの追加やちょこちょこ不満点を解消して良くなっているので、新作が出るたびに購入しております。

というわけで来年の夏発売予定の外伝作『Insect Armageddon』と合わせて、4は期待していますよ。
…そろそろ敵キャラとして最終兵器『G』が現れそうで怖いですが…

●おまけ
冴えない探偵がロボットに乗って闘うゲームを買ったのに合わせて、クトゥルフ神話の本を読み始めました。
今までクトゥルフ神話はノータッチでしたが、今まで何気なく目にしたことのある単語が色々とあって楽しいですわ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/