ちゅうカラぶろぐ


[2505]  [2504]  [2503]  [2502]  [2501]  [2500]  [2499]  [2498]  [2497]  [2496]  [2495
初めての人は、こんにちは。
久しぶりの人は、こんにちは。

今日も金曜日の代打の、Y.G(わいじー、猥爺)です。よろしくお願いいたします。

その時々で私にブームがくるたびに、私の趣味は増えております。
まぁ、同時にはせずに、新しい趣味か過去にした事のある趣味をあきるまでします。

思いつくのは「革靴メンテ」「都々逸、和歌」「文房具、ほぼ日手帳」「御朱印、寺社仏閣の史跡めぐり、巡礼」「ランニング、ウォーキング」「ライトノベル」「艦隊これくしょん」「モバイル業界観察」「日帰り温泉開拓」「デパ地下スイーツ」「パンツ」「ネクタイ」「安価なメガネ」「ホームページ作り」など。

人に話をして、通じないものが多いので、今回は通じそうな「Web・SNS業界観察」にします。
思いつくのをてきとうに。


いまらか15年ほど前(2000年頃)
・携帯電話が普及しはじめ、メールに写真を付ける事やカラー画面、Web閲覧が可能に
・Webページの主流はテキストサイトと言う、個人でホームページのレンタルサーバーと契約し、手作業でホームページ作成/メンテナンスをしてました
・「先行者」や「バーチャルネットアイドルちゆ12歳」とか、いまはどうなってるんでしょうかね?
・ドリームキャストは10年早かったんや


いまから10年ほど前(2005年頃)
・携帯電話全盛期でサービスは熟成しカメラの精度など本来とは異なる機能で差をつける時代
・mixi、ブログの全盛期
・mixiでフォロー相手から一方的にフォロー解除される事で、相手のブログが読めなくなる事でイジメがおきたり、いさかいが起きた時代
・mixiのコミュニティ機能やマイミク機能が出会い系の温床と言われました
・当時は色んなコミュニティのオフ会に行ったものです
・まさかSEGAが無くなるなんて


いまから5年ほど前(2010年頃)
・iPhoneが天下を取った頃
・LINEがなくて、twitterの時代
・mixi、ブログのような長文から140文字のツブヤキが主流に
・Webページでなく、アプリを使う時代
・バカッターがニュースになる時代ですね


最近
・LINEが主流
・LINEグループに入れず情報を共有させてもらえない事でイジメが起きたり、WebページとしてのURLが無い為、出会い系の温床と言われたり
・私はLINEのホーム画面の更新してないのですが、皆さんはしてますか?
・まさかシャープが倒産ギリギリになったり、
・まさかセガガが実在する事になるとは


ユーザーがイチイチWebページを手作業で作っていた時代→自動作成サービス→つぶやき→作らないって変化してきてます。
容易な方に進むことでユーザー数は増えたかと思います。
あとは段々と閉鎖的になったかなと。最初はWeb上で誰でも見えましたが、アカウント利用者のみ、指定したユーザーのみと情報共有相手の幅は狭まりました。

まぁ、昔の携帯電話文化に戻ったともいえます。携帯電話でメールと電話で相手とやり取りしてたのを、LINEで同じことしてる感じ。



で、上記みたいなのを私は時々考えたりしてるってのです。

SNSの主流が変われば、その都度「中部からの歌声」のホームページやSNSの活動に反映する事を提案するわけです。
mixiからtwitterへ、twitterからtwitterとLINEの2本立てみたいに。

過去を振り返るとtwitterもLINEも10年も主流ではいられないでしょうね。
最近、歌会に入ってみえる方でtwitterを使ってない方が殆どになりましたし。

まぁあるとき、ホームページやサークル内に新しいSNSがり始めたら、またY.Gが広めはじめたとでも思ってくださいませ。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/