ちゅうカラぶろぐ


[2444]  [2443]  [2442]  [2441]  [2439]  [2440]  [2438]  [2437]  [2436]  [2435]  [2434
ちゅうカラが歌会を終了してお食事会に移行しようとしてる頃、赤坂のライブバーで歌ってたvodaponeです☆

えぇ、オリジナルがまだ無いのをいい事(?)に関東でもカバーライブにはアニソン入れますとも!

オリジナル、アニソンと云えば、先日観た番組でゲスト出演されてたミッチーこと堀江美都子さんがアニソンを歌う時に気を付けている(心掛けている)事は何か?という質問に対して、
アニソンはその作品を表している曲で、たった1分半の楽曲にも厳選された歌詞と素敵なメロディー、考えられた編曲が施されているものなんです。そして、それを聴いてアニメを見ていた人達にはその人それぞれの思いや記憶があるんですね。
だから今でも歌う時は当時のそのままの形で歌わなきゃって思って歌っています。(抜粋)

と。

何というプロ意識!
流石ですね、ミッチー。

ッていう話を控え室で共演者にしたら、ある方が、
だからそれを聴いて「良いな、自分も歌いたい」と思ったならあなたが感じたものを表現しなきゃカバーにならないのよね!「コピー」と「カバー」は違うのよ。
と。

おぉ!正にその通り♪

色々勉強になった1日でした。


ちゅうカラメンバーもそれぞれが感じたまま、思い思いに楽しく歌っていらっしゃいますか!?

ライブもそうですが、楽しい時間を共有出来るって素敵ですよね♪
またみんなの歌声を聴いて一緒に歌って色々騒ぎたいな〜。

ではまた☆

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/