ちゅうカラぶろぐ


[1932]  [1931]  [1930]  [1929]  [1928]  [1927]  [1926]  [1925]  [1923]  [1924]  [1922
ウルトラマンギンガに登場するイカルス星人がどう聞いても、シュタインズ・ゲートのダルにしか聞こえない今日この頃。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか? ちゅうカラのしょこタンです。

さて早いもので、4日間に渡って開催された日本最大のゲーム見本市「東京ゲームショウ2013」も今日が最終日ですが、私も去年に引き続き、今年も足を運んできました。

やはり今年の注目は、新型ゲーム機の「PlayStation4」と「Xbox One」
案の定のながら試遊台はビジネスday、一般day共に人でごった返していました。

ただ、ネガキャンというわけではないですが、ビジネスdayに関しては「XBox One」の方は前機種「XBox 360」の国内事情もあってか、思ったより集まっていない印象で、国内ユーザーには訴求力がありそうな「PlayStation4」の方が待ち時間も長いようでした。
やはり前2機種で洋ゲーハードという感じの印象が付いてしまったのが、国内サードパーティとしては痛いところなのかもしれませんね。
この辺りは日本マイクロソフトのプロモーションで払拭してほしいところです。

そして、新型機種の陰に隠れがちですが、「PlayStationVita TV」の大きさには驚かされました。
対比の印象としては初代iPodの後に出てきたiPod nanoぐらい。
据え置き機として考えた場合は微妙にプレステ3や4とバッティングしそうな気もしますが、イマイチ盛り上がっていないVita市場を少しでも盛り上げてくれると嬉しいですね。
いや、ホントに…。

あとそこまでではないですが、会場で少し目立ち始めていたのが、クラウドゲーミング。
ゲーム自体はサーバー側で動かして、ユーザー側には映像と音のみを転送する方式の基本概念自体は昔からあったものですが、昨今は懐事情に反して、ゲーム機価格が高騰しがちなので、月額制やお手軽という点でソーシャルゲームに流れた一般ユーザーを取り戻せるといいなーとか思ったり。

とまあこんな感じだったTGS2013。
今年の総括としては、あまり大きく目の引くタイトルがなかったなという感じです。
もちろん新型ハードの2機種で発売されるタイトルは気になるのですが、会場で見た限りでは映像が綺麗になったなーぐらいしか目につく点がなく、ちょっぴり残念なところ。

ただ、バイオハザードを作った三上真司がディレクターを務める「PYSCO BREAK」は、最近すっかりご無沙汰気味となった純ホラーゲームっぽいテイストなので、デモ映像を見てワクワクしちゃいました。
バイオハザード1のゾンビ初遭遇時ぐらいの驚きを待ってます。

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
/